李暹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

李 暹(り せん、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。董卓の部将の甥(兄の子)。同じく李の兄の子李利との親族関係は不明で、兄弟とも従兄弟とも考えられる。

正史の事跡[編集]

姓名 李暹
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 涼州北地郡泥陽県(現在の甘粛省慶陽市寧県
職官 〔不詳〕
爵位・号等 -
陣営・所属等
家族・一族 叔父:
兄弟:李利〔従兄弟?〕
従弟:李式(李の子)、胡封(おばの子)
従叔父:李応〔李の従弟〕

興平2年(195年)4月、李は、郭汜献帝を手中にしようとしているのを知り、李暹を派遣して自らの陣営に迎え入れさせた。この際に、宮殿からの献帝の移動に太尉楊彪が異論を唱えたが、李暹は一切気に留めることなく、献帝を御車に乗せて李の陣に護送した。この件を最後に、李暹は史書から姿を消す。

物語中の李暹[編集]

小説『三国志演義』でも、史実とほぼ同様の行動をしている。しかし曹操が献帝を保護すると、李別(李利の『演義』での名)と共に李軍の先頭に立って献帝を奪い返そうとしたが、曹操の部将・許褚に、李別もろとも一刀の下に斬り捨てられている。

参考文献[編集]