李栄 (言語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
李栄
出身地: 浙江省温嶺
職業: 言語学者
各種表記
繁体字 李榮
簡体字 李荣
拼音 Lǐ Róng
和名表記: り えい
発音転記: リー・ロン
テンプレートを表示

李栄(り えい、1920年2月4日 - 2002年12月31日)は、中国言語学者

中国語音韻史の研究で知られ、また中国語の方言研究の指導的な立場にあった。

生涯[編集]

李栄は浙江省温嶺に生まれた。日中戦争中の1939年に昆明西南連合大学に入学した。同級生に朱徳熙がいた[1]。戦後の1946年に『切韻』の研究で北京大学の修士の学位を取得し、同年北京大学の助教、1949年に山東大学の副教授の職についた。

中華人民共和国成立後の1950年に中国科学院語言研究所に入り、主に方言研究を行った。

1979年に雑誌『方言』を創刊し、その編集長をつとめた。1989年には全国漢語方言学会の初代会長に就任した。

『中国語言地図集(漢語方言部分)』(香港朗文出版1987,1989)および『現代漢語方言大詞典』(江蘇教育出版社1993-1997,42冊)の編集長であった。

主な著作[編集]

  • 『切韻音系』(中国科学院1952、のち科学出版社1956)
戦後に発見された完本王韻をもとに研究を行い、俟母の存在など、いくつかの新しい問題を指摘した。
  • 『音韻存稿』(商務印書館1982)
音韻史に関する論文集で、規則的な音変化以外の多くの現象を指摘した「語音演変規律的例外」などの論文を含む。
  • 『語文論衡』(商務印書館1985)
方言・文字学等に関する論文集。
  • 『方言存稿』(商務印書館2012)
没後に出版された。晩年の文章を集めたもの。

丁声樹と共著の書が多くある。『方言調査字表』(中国科学院語言研究所1956)、『漢語方言調査手冊』(科学出版社1957)、『漢語音韻講義』(1957年油印、のち1984年に上海教育出版社から出版。本文は丁声樹・表は李栄)、『古今字音対象手冊』(科学出版社1958)、『昌黎方言志』(北京科学出版社1960)、『現代漢語語法講話』(8人の共著、商務印書館1961)など。

李栄は趙元任の『Mandarin Primer』を中国語に抄訳し、『北京口語語法』(開明書店1952)として出版している。

脚注[編集]

  1. ^ 李栄「朱徳熙」(『方言存稿』所収)