李泰鎭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

李 泰鎭(イ・テジン、이태진、Yi Tae-jin、1943年 - )は、ソウル大学校人文学部国史学科教授。専門は韓国近代史。

来歴[編集]

  • 1943年 慶尚北道迎日(ヨンイル)郡 (現在の浦項市)生まれ
  • 1969年 ソウル大学校大学院 史学科 韓国史専攻(修士)
  • 1969年から1972年まで 陸軍士官学校 教授部の史学科教官
  • 1977年 ソウル大学校人文大学国史学科の専任講師 として着任
  • 1992年 ソウル大学校国史学科の学科長
  • 1999年より2年間、韓国18世紀学会の会長
  • 1999年より 韓国産業技術史学会 副会長
  • 2003年より半年間、アメリカのハーバード大学 東アジア学科でvisiting professorとして講義を担当
  • 2003年より2年間、韓国歴史学会の会長
  • 2003年より国史編纂委員会の委員をつとめる。
  • 2010年より国史編纂委員会の委員長をつとめている。

主な著作[編集]

単独著作(以下、韓国語の書籍)

  • 朝鮮後期の政治と軍営制発達(1985年)
  • 韓国社会史研究(1986年)
  • 朝鮮儒教社会史論(1989年)(日本語訳「朝鮮王朝社会と儒教」-法政大学出版局 2000年)
  • 王朝の遺産(知識産業社、1994年)
  • 高宗時代の再照明(2000年)
  • 医術と人口 そして農業技術(2002年)

編著

  • 朝鮮時代政治史 再照明(1985年)
  • 日本の大韓帝国強占(1995年)
  • 韓国併合、成立してはいなかった(2001年)
  • 韓国併合の不法性研究(2003年)

共著

  • 韓国文化史 朝鮮前期(1984年)
  • 韓国社会発展史論(1992年)
  • ソウル商業史(2000年)

その他[編集]

  • 韓国の歴史学会の重鎮であり、経済学史学派を主体とするニューライトとの間に論争が絶えない。
  • 東京大学で2001年11月と2004年06月に講義を行っている。
  • 2010年4月、韓国強制併合100年共同行動のシンポジウムに参加するため来日。「日韓併合が正当化された結果、多くの歴史が歪曲されている。この状態では真の和解はなされない。東アジアの平和のためにも、過去の問題ではなく、われわれの未来の問題としてとらえるべきだ」と呼び掛けてた。
  • 在日韓人歴史資料館(姜徳相館長)開設5周年を記念してのシンポジウムに参加。日韓併合条約について「純宗皇帝の名での署名偽造も行われていた」という持論を展開し、日韓併合が不法だったと主張した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 民団新聞 人間の尊厳踏みにじった韓国強制併合 「歴史認識の違い」東京シンポ [1]