李準灘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南沙諸島の実効支配状況

李準灘英語:Grainger Bank[1]ベトナム語: Bãi Quế Đường / 𣺽桂糖[2])は、南沙諸島西部にあるである。広雅灘から南に12海里離れている。

南北距離は約9.6キロ、東西距離は約3.7キロ、深さは18メートルから37メートルまで。堆の底で珊瑚がはっきり見える。 中国語名は、1909年清朝水師提督李準が西沙諸島を巡視したことを記念したものである[3]

1993年からベトナムがこの堆を実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)も主権を主張している。[4]

脚注[編集]

座標: 北緯7度46分 東経110度26分 / 北緯7.767度 東経110.433度 / 7.767; 110.433