李盈瑩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李盈瑩
Yingying Li
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 (2000-02-19) 2000年2月19日(19歳)[1]
出身地 中華人民共和国の旗 黒竜江省チチハル市
ラテン文字 Yingying Li
身長 192cm[1]
体重 71kg[1]
選手情報
所属 天津渤海銀行
ポジション OP
利き手
スパイク 302cm
ブロック 294cm
テンプレートを表示

李 盈瑩(リ エイエイ、ラテン翻記・Yingying Li、女性、2000年2月19日 - )は中華人民共和国バレーボール選手である。ナショナルチーム代表[1]で、クラブレベルでは中国バレーボールスーパーリーグ天津渤海銀行に所属している。

中国の大エースである朱婷に準えて、人は李を「新・朱婷」と呼ぶ[2]

来歴[編集]

黒竜江省チチハル市出身。9歳にして天津の王宝泉監督に見いだされ、天津チームの下部チーム入りする[3]。2015年にはユース代表候補入りした。この代表候補は国内8クラブチームから選抜された19人である。ユース代表監督の沈芒は、李が「非常に技術力が高いサウスポーである」と評価した。2015年の世界ユース選手権に出場した李はベストアウトサイドヒッター(第2位)に耀いた[4]

2016年、李はナショナルチームの招集を受け北京に赴き、ハードな練習に打ち込んだ[5]。2016/17シーズンは天津チームの控えに甘んじて出場機会は僅かに留まった。

李にとって2017/18の中国バレーボールスーパーリーグがメジャー大会の初舞台となった。2017年12月に行われた同リーグの対上海では1試合45得点のリーグ新記録をマークし、2013/14シーズンに朱婷が記録した43得点を塗り替えた[2][6]。またシーズン通算得点は800得点を上回り、リーグの新記録を樹立するとともに天津チーム優勝の原動力となった。この勲功により2018年3月26日、中国バレーボール協会は2018/19シーズンのナショナルチーム代表に李をリストアップし初代表となった[7]。2018年のバレーボール・ネイションズリーグでシニア国際大会でデビューを果たし、対ドミニカ戦では両チームトップの17得点をあげて勝利に貢献した[2]

球歴[編集]

  • ユース代表 2015年-
  • シニア代表 2018年-

所属チーム履歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2015年アジアユース選手権 ベストアウトサイドヒッター2位

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Player”. FIVB. 2018年6月15日閲覧。
  2. ^ a b c 「月刊バレーボール」2018年7月号 131ページ
  3. ^ 李盈莹:向着国手的方向努力”. 网易体育. 2016年3月7日閲覧。
  4. ^ 天津小丫空降中國女排 曾獲2015世少賽第二主攻”. 2018年6月15日閲覧。
  5. ^ 女排国少左手主攻未来可期 主帅:世少赛要打出水平”. 新浪体育. 2015年5月3日閲覧。
  6. ^ 李盈莹砍45分创排超新纪录 17岁已具一流攻手能力”. 腾讯体育. 2017年12月10日閲覧。
  7. ^ 张泽伟. “李盈莹入选女排国家队 称将“弥补短板””. 新华网体育. 2018年3月27日閲覧。