李益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

李 益(り えき、748年 - 827年?)は、中国の詩人。は君虞(くんぐ)。鄭州の人であるが、本貫隴西郡狄道県(現在の甘粛省定西市臨洮県)。李玄道の末裔にあたる。

略歴[編集]

大暦4年(769年)の進士で、鄭県(現在の陝西省渭南市華州区)の尉となったが、昇進の遅いのに不満を抱いて辞職し、河北の地方を遊歴、幽州(現在の北京)・邠寧(現在の甘粛省東部)節度使の幕僚となった。その文名が憲宗に聞こえ、秘書少監・集賢殿学士に任ぜられ、傲慢な態度のために一時降職されたが、侍御史・太子賓客・右散騎常侍を歴任、礼部尚書に至った。

疑い深い性格で、妻や妾の部屋にはいつも鍵をかけ、戸口に灰を撒いて不義を防いだりしたため、「妬癡(とち)尚書李十郎」と呼ばれたという。

大暦十才子の一人に数えられ、『李君虞詩集』2巻が残っている。

出典[編集]