李相薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李 相薫
Lee Sang Hoon 1982.png
生誕 1933年6月26日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮 忠清北道清州郡(現在の清州市)
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
軍歴 1955 - 1985
最終階級 19.SKA-GEN.svg 大将
除隊後 第27代国防部長官
韓国野球委員会総裁
世宗財団理事
テンプレートを表示

李 相薫(イ・サンフン、이상훈1933年6月26日 - )は、大韓民国軍人。陸軍大将。第27代大韓民国国防部長官。

朴正煕クーデター政権の腹心として以後の軍政を下支えした。

人物[編集]

1933年6月26日、朝鮮忠清北道清州郡(現在の清州市)に生まれる。京畿高等学校韓国陸軍士官学校(11期)卒業。盧泰愚全斗煥らと同期であった。

卒業後、大韓民国陸軍大尉に任官。朴正煕将軍の警護将校として任務に就いた。1970年韓米軍団情報参謀、1980年陸軍本部作戦参謀部長、1983年合同参謀本部長、同年8月中将に昇進して連合司令部副司令官。1985年陸軍大将に昇進し予備軍に編入された。

退役後の1988年、盧泰愚政権の第27代国防部長官に就任(-1990年)。1992年には韓国野球委員会総裁などを務めていたが、1993年の政府監査院監査で20年前に関与した軍備近代化の調達で不正が指摘され、検察に告発された。1996年、世宗財団理事、2000年から2003年まで在郷軍人会会長を歴任。

最近の発言[編集]

  • 2009年4月、ソウル市内の集会で行った演説で、前年に自殺した盧武鉉を名指しして「盧武鉉前大統領の三族(いとこ、はとこまで)を滅ぼさなければならない」と発言。社会的非難を浴びた。
  • 2010年10月、ソウル市内で開かれた「G20首脳会議成功祈願国民大会」で「左派勢力は奉恩寺に本部を置いて北朝鮮と連携している」と主張。翌月、奉恩寺側に名誉毀損罪で告訴された。