李立三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
李立三
Li Lisan.jpg
プロフィール
出生: 1899年11月18日
光緒25年10月16日)
死去: 1967年6月22日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 湖南省長沙府醴陵県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 李立三
簡体字 李立三
拼音 Lǐ Lìsān
和名表記: り りつさん
発音転記: リー リーサン
ラテン字 Li Li-san
テンプレートを表示
中華全国総工会の結成大会で
李立三と家族

李 立三(り りつさん)は中華民国から中華人民共和国にかけて活躍した中国共産党政治家

湖南省に生まれ、湖南中学を卒業後に1919年、勤工倹学でフランスに留学。留学中の1921年中国共産党に創立党員として入党。1927年南昌起義に参加。同年政治局員となる。1928年中央宣伝部長となり1930年には中国共産党の最高指導権を掌握、都市労働者の組織化と蜂起を主とするいわゆる「李立三路線」を党に採択させた。しかし「李立三路線」は失敗に終わり1931年コミンテルンから極左偏向と批判された。党内での失脚後はモスクワに滞在し、コミンテルンや赤色労働組合インターナショナルの中国代表の地位にあった。

1945年に中央委員、翌年には帰国して東北局委員と都市労働部長となる。中華人民共和国成立後は労働部長(労働大臣)を1954年まで務め、その後中国人民政治協商会議常務委員を歴任するものの目立った活動は見られない。文化大革命では走資派として批判され、睡眠薬自殺した。

参考文献[編集]

唐純良(中村三登志訳)『李立三 : 中国共産党史外伝』(論創社、1986)