李美京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李 美京
Lee Mi Gyeong
釜山BISCO #23
ポジション CB
所属リーグ 大韓民国の旗 SKハンドボール韓国リーグ
基本情報
大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1991-10-02) 1991年10月2日(27歳)
身長・体重 165 cm
60 kg
利き腕
所属クラブ
クラブ
2010-2014 大韓民国の旗 ソウル市庁
2014-2016 大韓民国の旗 大邱市庁
2016-2018 日本の旗 広島メイプルレッズ
2018-2019 日本の旗 飛騨高山ブラックブルズ岐阜
2019- 大韓民国の旗 釜山BISCO
代表国
2007 大韓民国の旗 韓国 U-18
2012  韓国
受賞歴
日本の旗 日本ハンドボールリーグ
  • 最優秀選手賞:2017年
  • 殊勲選手賞:2016年・2017年
  • ベストセブン賞:2017年
  • 得点王:2017年
  • フィールド得点賞:2017年
テンプレートを表示
李 美京
各種表記
ハングル 이미경
漢字 李 美京
発音: イ・ミギョン
英語表記: Lee Mi-Gyeong
テンプレートを表示

李 美京(イ ミギョン、1991年10月2日 - )は、大韓民国出身のハンドボール選手。ハンドボール韓国リーグの釜山BISCO所属。

経歴[編集]

2007年にアジアユース選手権で韓国代表U-18に選出[1]

2010年ハンドボール韓国リーグのソウル市庁へ加入[1]

2012年にはロンドンオリンピックの韓国代表に選出[1]

2014年に大邱市庁へ移籍した[1]

2016年12月に日本ハンドボールリーグ広島メイプルレッズへ加入[2]。2016-17年シーズンは途中加入のため9試合の出場だったが、リーグ15位の55得点を挙げた[3]。プレーオフ決勝ではチームは敗れたものの、両チームトップの8得点を記録[4]し、殊勲選手賞に選出された[5]

2017-18年シーズンはリーグトップの197得点、同じくリーグトップのフィールド得点(165得点)を記録し、最優秀選手賞とベストセブン賞を受賞した[6]。シーズン終了後に退団。

2018年10月11日飛騨高山ブラックブルズ岐阜へ加入。

2019年2月に退団し、韓国の釜山BISCOへ移籍。

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

リーグ チーム 試合 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2016-17 JHL 広島 9 46/87 .529 9/9 55/96 3 3 0
2017-18 24 165/286 .577 32/36 197/322 7 6 0
2018-19 高山 17 91/179 .508 15/21 106/200 1 4 0
JHL:3年 50 302/552 .547 56/66 358/618 11 13 0
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はリーグにおける歴代最高

タイトル・表彰[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • 最優秀選手賞:1回 (2017年)
  • 殊勲選手賞:2回 (2016年・2017年)
  • ベストセブン賞:1回 (2017年)
  • 得点王:1回 (2017年)
  • フィールド得点賞:1回 (2017年)

記録[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

背番号[編集]

  • 18 (2016年 - 2018年)
  • 20 (2018年 - 2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]