李興練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
李 興練 (イ・フンリョン)
Lee Heung-Ryeon
SSGランダース #55
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 大韓民国の旗 韓国京畿道城南市
生年月日 (1989-05-16) 1989年5月16日(31歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト5巡目
初出場 KBO/ 2014年3月29日
年俸 6000万ウォン(2021年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
イ・フンリョン
各種表記
ハングル 이 흥련
漢字 李 興練
発音: イ・フンリョン
英語表記: Lee Heung-Ryeon
テンプレートを表示

李 興練(イ・フンリョン、韓国語:이흥련、1989年5月16日 - )は、大韓民国京畿道城南市出身のプロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

プロ入りと三星時代[編集]

大学時代にはチームの主将を務めていた。当時の大学監督から起亜タイガースへの入団をすすめられたがこれを拒絶し、2013年のドラフト指名を待った。

ドラフトでは三星ライオンズから指名を受けて入団した。ルーキーイヤーは一軍出場がなかった。

2014年には正捕手の陳甲龍と二番手捕手の李知栄が揃って負傷したことにより出番を掴むと、様々な場面で活躍をした。

2016年オフには兵役のため警察野球団に所属することが決まった。だが同時期にFA権を行使して李沅錫が三星に移籍したため、李沅錫の前所属球団だった斗山ベアーズから補償選手として指名された[1]。このため、李興練は除隊後から斗山に所属することになった。

斗山時代[編集]

2018年シーズン終盤に警察野球団から解放され、改めて斗山に入団した。9月18日のSKワイバーンズ戦で斗山初出場を果たすと、翌日には5回に朴世爀と交代して登場し、7回には盗塁阻止を記録した(走者は金東燁)[2]

2019年には正捕手の梁義智がFA移籍したため、捕手争いが激化。5月1日のハンファ・イーグルス戦では鄭ウラムから安打を打ち、斗山移籍後初ヒットを記録した。

同年は主に捕手の守備固めなどとして出場。27試合の出場で打率3割台、13安打、5打点という成績を残した。また、主に李映河とバッテリーを組むことが多かった。

キウム・ヒーローズとの勝負となった韓国シリーズにも出場し、朴世爀のバックアップとして役割を全うした[3]。2次戦では5回に宋成文が犠牲バントに失敗したところをキャッチャー併殺打に抑えるなど、守備での活躍が目立った。

SK・SSG時代[編集]

2020年5月30日に李昇眞との1対1トレードでSKに移籍した[4]。すると即日一軍登録され、同日のハンファイーグルス戦の移籍後初打席で張施晥から今シーズン初安打を放った。さらに5回には2年ぶりの本塁打を放つ活躍を見せた。またその翌日も再び同投手よりホームランを打ち、チーム初の2020シーズン2日連続ホームランを記録した。

プレースタイル・人物[編集]

大学時代から打撃がよかったが、守備難が目立つ。2016シーズンの盗塁阻止率は2割5里だったが、この成績は規定打席到達捕手の中で最悪だった。

三星時代は車雨燦などの左腕投手専用の捕手として出場することが多かったが、斗山に移籍すると正捕手の朴世爀に続く二番手捕手として出陣機会を増やしていった。

前所属の三星時代には応援歌が3つあった。しかし斗山時代には公式な個人応援歌は存在しないまま退団となった。またSK時代の応援歌はドラマ「ストーブリーグ」に登場する打者であるソ・ヨンジュに劇中で使用された応援歌の流用である。

通算記録[編集]

年度 チーム 打率 試合 打数 得点 安打 2塁打 3塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁死 四球 死球 三振 併殺 失策
2014 三星 0.227 88 132 21 30 4 1 1 39 17 1 0 14 5 24 0 4
2015 0.238 71 105 16 25 7 0 1 35 17 2 1 1 1 22 1 1
2016 0.260 85 150 20 39 11 0 6 68 25 0 0 8 5 41 4 5
2018 斗山 0.000 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0
2019 0.310 27 42 3 13 2 1 0 17 5 0 0 2 0 12 1 0
通算 5シーズン 0.245 278 436 60 107 24 2 8 159 64 3 1 25 11 100 6 10

脚注[編集]

  1. ^ “李興練が補償選手に決定”. http://m.news1.kr/articles/?2842095 
  2. ^ “李興練、盗塁阻止”. https://m.sports.naver.com/video.nhn?uCategory=kbaseball&category=kbo&id=471572&redirect=true 
  3. ^ “斗山優勝決定”. https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=7231 
  4. ^ 프로야구 SK-두산, 2대2 트레이드…이흥련↔이승진 - SBS