李豊 (後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
李豊
後漢
死去 建安2年(197年
拼音 Lǐ Fēng
主君 袁術
テンプレートを表示

李 豊(り ほう、? - 197年)は、中国後漢時代末期の武将。

正史の事跡[編集]

袁術配下。建安2年(197年)9月、曹操が自ら陳国に進攻した袁術を討伐すると、袁術は橋蕤に加え、李豊・梁綱楽就の3将を陳国に残留させ(『後漢書』袁術伝によると、張勲も留まったとされる)、自分だけ淮南へ逃げ帰った。李豊は、他の将軍たちと共に曹操軍を迎撃したが、敗北して戦死した。

物語中の李豊[編集]

小説『三国志演義』では、梁剛(正史の梁綱)・楽就と共に呂布討伐時の各軍の督戦官を務める。呂布が袁術に襲い掛かろうとすると、李豊は槍をとって立ち向かったが、呂布の画戟を腕に受け敗走する。曹操らが寿春に攻め込んでくると、淮水を渡って逃れようとする袁術の命により、李豊は梁剛・楽就・陳紀と共に寿春城を固守している。しかし、曹操軍の猛攻により城は陥落し、李豊らは城内の市場へ引き出されて斬首される結末となっている。

参考文献[編集]