李鍾元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イ・ジョンウォン
李 鍾元
生誕 (1953-08-10) 1953年8月10日(65歳)
大韓民国の旗 韓国 大邱広域市
住居 日本の旗 日本
国籍 大韓民国の旗 韓国
民族 朝鮮民族
出身校 ソウル大学校工学部(中退)
国際基督教大学教養学部(卒業)
職業 政治学者、大学教授
肩書き 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
受賞 第13回大平正芳記念賞
アメリカ学会清水博賞
米国歴史家協議会外国語著作賞

李 鍾元(イ・ジョンウォン、이종원、Lee Jong Won、1953年8月10日[1] - )は、日本在住の韓国政治学者早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。国際政治学専攻。

在籍する早稲田大学やマスメディアでは、名前の表記を李鍾元(リー・ジョンウォン)として活動している。しばしば「李元」と誤記される。

略歴[編集]

韓国・大邱広域市出身[1]ソウル大学校工学部中退後、1982年来日。国際基督教大学教養学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科政治学専攻修士課程修了。博士(法学)。東京大学法学部助手、東北大学法学部助教授、立教大学法学部教授を経て、2012年4月から早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。1998年から2000年まで米国プリンストン大学客員研究員。朝日新聞アジアネットワーク客員研究員。

研究分野[編集]

国際政治学を専攻し、研究テーマは「冷戦期の東アジア国際関係」。特にアメリカのアジア政策、アジアの地域主義・地域統合、戦後の日本・アジア関係史、現代大韓民国政治など東アジアの国際政治を専門とする。

『東アジア冷戦と韓米日関係』で第13回大平正芳記念賞アメリカ学会清水博賞、米国歴史家協議会外国語著作賞を受賞。

「東アジアでは現在も冷戦が終わっていない」との観点から、東アジア(中国台湾朝鮮半島)と日本・アメリカの関係を読み解く議論を展開している。

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • 姜尚中水野直樹)『日朝交渉――課題と展望』(岩波書店, 2003年)
  • 藤原帰一古城佳子石田淳)『国際政治講座(3・4巻)』(東京大学出版会, 2004年)
  • 田中孝彦細谷雄一)『日本の国際政治学(4)歴史の中の国際政治』(有斐閣, 2009年)
  • 『歴史としての日韓国交正常化(1)東アジア冷戦編』、李鍾元・木宮正史浅野豊美編、法政大学出版局、2012年
  • 『歴史としての日韓国交正常化(2)脱植民地化編』、李鍾元・木宮正史・浅野豊美編、法政大学出版局、2012年
  • 『戦後日韓関係史』、李鍾元・木宮正史、磯崎典世、浅羽祐樹、有斐閣アルマ、2017年

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.353