李雲在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 雲在 Football pictogram.svg
Lee Woon-Jae.jpg
名前
カタカナ イ・ウンジェ
ラテン文字 LEE Woon Jae
ハングル 이운재
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1973-04-26) 1973年4月26日(44歳)
出身地 忠清北道清州市
身長 182cm
体重 80kg
利き足
代表歴2
1994-2010 大韓民国の旗 韓国 130 (0)
2. 2010年3月3日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 雲在(イ・ウンジェ、이운재1973年4月26日 - )は、大韓民国出身の元サッカー選手。元同国代表。ポジションはゴールキーパー(GK)

人物[編集]

1999年Kリーグのベストイレブンに選出されるなど活躍し、代表正ゴールキーパーの座を掴んだ。翌年から兵役のために水原三星を離れるが兵役終了と共に復帰し、2002年のワールドカップ日韓大会では韓国代表の4位という好成績に大きく貢献した。自身3度目のW杯となった2006年のドイツ大会ではグループステージ敗退という結果ではあったが存在感を示し、大舞台に強い選手だということを証明した。

PK戦に強いGKとしても有名である。2002年日韓W杯の準々決勝、PK戦までもつれ込んだ対スペイン戦でホアキンのキックを止め、ベスト4進出に大きく貢献。また、2004年のKリーグ・プレーオフ第2戦、対浦項スティーラースでは、かつて代表の定位置を争った金秉址のキックを弾き、リーグ優勝をものにした。2008年にはGKとして初のKリーグ年間MVPを受賞。

2012年シーズン終了後、引退を表明した[1]

トラブル[編集]

2007年7月に開催されたインドネシアでのアジアカップ2007一次リーグの期間中に、韓国代表チームの主将でありながら、チームメートの李東国ら3選手と酒宴に興じていたことが発覚。これを受けて大韓サッカー協会は規律違反を犯した李雲在らに対して、2008年12月までの1年間、韓国代表チームへの招集資格の剥奪及び大韓民国サッカー協会が主催する公式大会への2~3年間の出場を禁止する処分を下した。この結果、李雲在は2008年に予定される2010年FIFAワールドカップのアジア地区予選に出場出来ないこととなった[2]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kリーグ:GK李雲在、23年の現役生活に幕 - 朝鮮日報、2012年12月12日(日本語)
  2. ^ 韓国代表飲酒事件:GK李雲在ら、代表資格1年停止”. 2007年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月12日閲覧。