村上かるた うさぎおいしーフランス人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村上かるた
うさぎおいしーフランス人
著者 村上春樹
イラスト 安西水丸
発行日 2007年3月29日
発行元 文藝春秋
ジャンル かるた・絵本
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 272
コード ISBN 978-4-16-368940-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

村上かるた うさぎおいしーフランス人』(むらかみかるた うさぎおいしーフランスじん)は、村上春樹作、安西水丸絵のかるたの本。

2007年3月29日、文藝春秋より刊行された[1]。装丁は大久保明子。「前々から『犬棒かるた』の向こうを張る『村上かるた』みたいなものを作ってみたいという気持ちが、僕の中にはふつふつとありました」と前書きで村上は述べている[2]。そのような事情から本書は出版された。

内容[編集]

第Ⅰ部は、「あ」から「わ」までの44文字に対応した句が1句ずつ右ページに掲載され、左ページに安西のかるたの絵(カラー)が掲載されている。それぞれにつき村上のショートショート風の文章、小話が続く。

第Ⅱ部も同じく村上作の句が計59句掲載されているが、こちらは小さめの活字で組まれている。安西の絵は4コマ漫画のときもある。

村上かるたの例。「ゾンビは待てない。今すぐ実行」、「ふうふう吹いても、いっこうに収まりません」、「軽いイルカはいるかい」[3]、「コーエン兄弟公園デビュー」など。

脚注[編集]

  1. ^ 『村上かるた うさぎおいしーフランス人』村上春樹 安西水丸・画 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS
  2. ^ 本書、1頁。
  3. ^ 2000年8月に上梓された『「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』の題名の原案は、「軽いイルカはいるかい?(大疑問のすべて)」だった(『スメルジャコフ対織田信長家臣団』 村上ラヂオ45)。

関連項目[編集]