村上信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村上 信彦(むらかみ のぶひこ、1909年(明治42年)3月30日 - 1983年(昭和58年)10月31日)は、日本の作家女性史研究家、医事評論家。

経歴[編集]

大衆作家村上浪六の三男として東京下谷に生れる。父浪六が手をつけようとした女中を救い出して父と義絶、その少女と結婚する。府立五中を経て早稲田第一高等学院中退、出版社・興風館に勤務の後、1943年(昭和18年)より、文学、服装史、女性史の研究と著作に従事する。柳田國男の女性への見方を批判した『高群逸枝と柳田国男』で毎日出版文化賞受賞。『大正女性史』を未完のまま死去。[1]

浅沼稲次郎を刺殺した山口二矢は姉の子(甥)に当たる[2]

著訳書[編集]

小説[編集]

  • 『音高く流れぬ』全四部 興風館 1940-1941
  • 『出版屋庄平』教文館、1943(のち『出版屋庄平の悲劇』と改題)
  • 『霧のなかの歌』全四部 三一書房 1961
  • 『娘は荒地で』大和書房 1965
  • 『黒助の日記』全三巻 偕成社 1977

評論等[編集]

女性史
  • 『女について--反女性論的考察』興風館 1947
  • 『標的者-憑かれた精神の考察』西荻書店 1948
  • 『ゆがめられた性』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『あたらしい幸福--その生き方・考えかた』青春出版社 1955
  • 『服装の歴史』全3巻 理論社 1955-6(のち講談社文庫)
  • 『流行--古さと新しさ』講談社 1957
  • 『女性--どう生きてきたか』青春出版社 1957
  • 『女の風俗史』ダヴィッド社 1957
  • 『日本人の服装』講談社 1958
  • 『紺の制服--バス女子車掌たち』三一書房 1959
  • 『あぐらをかく娘たち--戦後女性風俗史』中央公論社 1963
  • 『いのちと医学の間』大和書房 1966
  • 『明治女性史』上・中前・中後・下 理論社 1969-1972(のち講談社文庫)
  • 『近代日本の恋愛観』理論社 1974
  • 高群逸枝柳田国男』大和書房 1977
  • 『大正・根岸の空』青蛙房 1977
  • 『日本の婦人問題』岩波新書 1978
  • 『近代史のおんな』大和書房 1980
  • 『大正女性史 上巻』理論社 1982
  • 『大正期の職業婦人』ドメス出版 1983
医事評論
  • 『胃ガン・腸ガン・喉頭ガン・食道ガン・舌ガン』細川書房 1970
  • 『肝臓ガン・肺ガン・膵臓ガン・腎臓ガン』細川書房 1970
  • 『ガンのワクチン治療』細川書房 1970
  • 『蓮見ワクチン病症別療法 4 子宮ガン・乳ガン・膀胱ガン・前立腺ガン・直腸ガン』細川書房 1971

翻訳[編集]

  • ベリル・ベッカー『芸術と生涯』淡海堂 1943
  • L.フリーマン『恐怖に憑かれて--ある女性神経症患者の精神分析』太平出版社、1975

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 沢木耕太郎『テロルの決算』、「村上浪六」『近代文学研究叢書』