村上博基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村上 博基(むらかみ ひろき、1936年3月24日 - 2016年4月30日[1])は、日本の翻訳家(主に英米文学)。

略歴[編集]

愛知県生まれ。1957年東京外国語大学ドイツ語学科卒。

はじめ映画字幕翻訳の仕事をし、1970年より書籍翻訳を始める[2]。推理・冒険ものを主として訳し、ジョン・ル・カレの作品を多く訳している。

翻訳[編集]

  • アダム・ホール『不死鳥を殪せ』早川書房 1965 のち文庫
  • ハワード・ブラウン『夜に消える』早川書房 1965
  • G.G.フィックリング『ハニー誘拐事件を追う』早川書房 1966
  • リチャード・テルフェア『メダリオン作戦』早川書房 1966
  • アリステア・マクリーン女王陛下のユリシーズ号』早川書房 1967 のち文庫
  • ジョン・ボール『航空救難隊』早川書房 1967 のち文庫
  • ヤン・ヨァーズ『ジプシー』早川書房 1967 のち文庫
  • ミッキー・スピレイン『女体愛好クラブ』早川書房 1968 のち文庫
  • エリア・カザン『アメリカの幻想』早川書房 1968 のち文庫
  • メアリイ・マッカーシイ『ハノイ 北ヴェトナムとの会話』早川書房(ハヤカワ・ノンフィクション)1969
  • アンドレア・ニューマン『男と女と女』早川書房 1969
  • アダム・ダイメント『すてきなすてきなスパイ』早川書房 1969
  • アダム・ダイメント『バン・バン・バード』早川書房 1970
  • D.デイシュス『華麗なる酒 スコッチウイスキーの本』東京書房社 1970
  • ルイス・ギルバート『フレンズ〜ポールとミシェル』早川書房 1971 のち文庫
  • アーヴィング・ウォーレス『七分間 ポルノグラフィー裁判』早川書房 1971 のち文庫
  • ハドリー・チェイス『群がる鳥に網を張れ』創元推理文庫 1971
  • エリック・アンブラー『インターコムの陰謀』世界ミステリ全集7 早川書房 1972
  • ジョイス・キャロル・オーツ『愛の車輪』角川書店 1972
  • スティーヴン・ターナー『旅立ちの朝』早川書房 1972
  • ニナ・コンパネーズ『夏の日のフォスティーヌ』早川書房 1972
  • ナイジェール・ニール『トマト・ケイン』早川書房 1972
  • ハドリー・チェイス『カメラマンケイド』創元推理文庫 1972
  • タッカー・コウ『刑事くずれ』早川書房 1972
  • リンドジイ・ガターリッジ『ミクロ・スパイ大作戦』早川書房 1972
  • アイリッシュ短編集』3-6 創元推理文庫 1973-1977
  • アリス・ボイド『ふたり』ハヤカワ文庫 1973
  • ジョン・ゴーディ『サブウェイ・パニック』早川書房 1974 のち文庫
  • ルイス・ギルバート『続フレンズ』早川書房 1974 のち文庫
  • ロバート・ウィーバーカ『スティングハヤカワ文庫 1974 -ノベライズ
  • エリア・カザン『暗殺者』早川書房 1974
  • ジョセフ・ウォンボー『オニオン・フィールド ある警官殺害事件』早川書房 1975 「オニオン・フィールドの殺人」文庫
  • ルイス・ナイザー『ローゼンバーグ事件の全貌』文化放送開発センター出版部 1976
  • アダム・ケネディ『ドミノ・ターゲット』早川書房 1976
  • 『世界最強の男 ムハマッド・アリ自伝』早川書房 1976 「ムハマッド・アリ」文庫
  • リンジイ・ガターリッジ『カナダ森林作戦』ハヤカワ文庫 1976
  • リンジイ・ガターリッジ『ルーマニア潜入作戦』ハヤカワ文庫 1976
  • オスカー・オーティス、ユーニス・ウォーカップ『ザ・レース』二見書房 1977
  • リンジイ・ガターリッジ『ペルー猛毒作戦』ハヤカワ文庫 1977
  • エリア・カザン『代訳』早川書房 1977
  • ギネス・クレイヴンス、ジョン・S.マー『ブラック・デス』ごま書房 1978
  • トマス・トライオン『夢の冠』早川書房 1978
  • ウィリアム・アイリッシュ『夜は千の目をもつ』創元推理文庫 1979
  • ジョン・ル・カレスクールボーイ閣下』早川書房 1979 のち文庫
  • J・G・バラード『ハイーライズ』ハヤカワ文庫 1980 のち『ハイ・ライズ』として創元SF文庫
  • ウィリアム・H.ハラハン『亡命詩人、雨に消ゆ』早川書房 1980 のち文庫
  • ジョン・ル・カレ『スマイリーと仲間たち』早川書房 1981 のち文庫
  • ロジャー・エンジェル『アメリカ野球ちょっといい話』集英社 1981 「憧れの大リーガーたち」文庫
  • トマス・ブロック『超音速漂流』文藝春秋 1982 のち文庫
  • D.R.ベンセン『天のさだめを誰が知る』創元推理文庫 1983
  • アルノー・ド・ボルシュグラーヴ、ロバート・モス『スパイク』ハヤカワ文庫 1983
  • ジェイン・ヨーレン『水晶の涙』ハヤカワ文庫 1983
  • ジョン・ル・カレ『リトル・ドラマー・ガール』早川書房 1983 のち文庫
  • リック・ボイヤー『ケープ・コッド危険水域』早川書房 1984 のち文庫
  • レナード・ウイバーリー『小鼠油田を掘りあてる』創元推理文庫 1985
  • ジェイン・ヨーレン『夢織り女』ハヤカワ文庫 1985
  • アンソニー・ハイド『レッド・フォックス消ゆ』文藝春秋 1986 のち文庫
  • C・W・ニコル『勇魚』文藝春秋 1987 のち文庫
  • ジョン・ル・カレ『パーフェクト・スパイ』早川書房 1987 のち文庫
  • R.S.ネイサン『ホワイト・タイガーの陰謀』新潮文庫 1988
  • キャンベル・アームストロング『ジグが来る』文春文庫 1989
  • C.W.ニコル『白河馬物語』文藝春秋 1989 のち文庫
  • ソウルダッド・サンティヤゴ『婦警トーニの爛れた夏』新潮文庫 1989
  • ジョン・ル・カレ『ロシア・ハウス』早川書房 1990 のち文庫
  • ブライアン・フリーマントル『エディ・フランクスの選択』角川文庫 1990
  • ギャビン・ライアル『砂漠の標的』早川書房 1990 のち文庫
  • ハロルド・コイル『武力対決』新潮文庫 1991
  • ジョン・ル・カレ『影の巡礼者』早川書房 1991 のち文庫
  • キャンベル・アームストロング『白夜が明ける』文春文庫 1991
  • ジョン・ランド『第八のラッパが鳴るとき』徳間文庫 1992
  • ハロルド・コイル『ブライト・スター作戦』新潮文庫 1993
  • 『サバンナの探偵 ヤング・インディ・ジョーンズ 13』原案:ジョージ・ルーカス 文春文庫 1993
  • デイヴィッド・イグネイシアス『無邪気の報酬』文藝春秋 1993
  • ジョン・ル・カレ『ナイト・マネジャー』早川書房 1994 のち文庫
  • アレックス・ヘイリー、デイヴィッド・スティーヴンス『クイーン』新潮社 1994
  • ブラウン・メッグズ『無頼列車南へ』文春文庫 1994
  • アンソニー・ハイド『チャイナ・レイク再び』文藝春秋 1995
  • トム・クランシー『容赦なく』新潮文庫 1996
  • デイヴィッド・バルダッチ『黙殺』徳間書店 1996 「目撃」文庫
  • ジョン・ル・カレ『われらのゲーム』早川書房 1996 のち文庫
  • ケネス・アベル『餌』早川書房 1997
  • ジム・バウトン、エリオット・アジノフ『ストライク・ゾーン』文藝春秋 1997
  • ハロルド・コイル『軍事介入』新潮文庫 1998
  • C.W.ニコル『盟約』文藝春秋 1999 のち文庫
  • トム・クランシー『レインボー・シックス』1-4 新潮文庫 1999-2000
  • デイヴィッド・バルダッチ『全面支配』徳間文庫 1999
  • レイ・ブラッドベリ『瞬きよりも速く』伊藤典夫風間賢二共訳 早川書房 1999 のち文庫
  • ブロック・イェイツ『ハーレーダビッドソン伝説』早川書房 2001
  • ジェフリー・ハウスホールド『追われる男』創元推理文庫 2002
  • C.W.ニコル『遭敵海域』文藝春秋 2002 のち文庫
  • ドナルド・M.マレー『人生、これからがときめきの日々』集英社 2002
  • ベヴァリー・スワーリング『ニューヨーク』集英社 2004
  • C.W.ニコル『特務艦隊』文藝春秋 2005 のち文庫
  • オレン・スタインハウアー『嘆きの橋』文春文庫 2005
  • テリイ・サザーン『ブルー・ムーヴィー』早川書房 2006
  • スティーヴンスン宝島光文社古典新訳文庫 2008
  • オレン・スタインハウアー『極限捜査』文春文庫 2008
  • スティーブンソン『ジーキル博士とハイド氏』光文社古典新訳文庫 2009 
  • オレン・スタインハウアー『ツーリスト -沈みゆく帝国のスパイ』ハヤカワ文庫 2010
  • ジョン・ル・カレ『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕』ハヤカワ文庫 2012
  • チャールズ・ボーモント『予期せぬ結末2 トロイメライ』井上雅彦編 共訳 扶桑社ミステリー 2013
  • オレン・スタインハウアー『ツーリストの帰還』ハヤカワ文庫 2013

脚注[編集]

  1. ^ 村上博基氏死去 (2016/05/06) 早川書房 2016年5月6日閲覧
  2. ^ 「日外アソシエーツ現代人物情報」より。実際はそれ以前に訳書があったので「1970年から専業書籍翻訳者となった」という意味か?