村上朝日堂はいかにして鍛えられたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村上朝日堂はいかにして鍛えられたか
著者 村上春樹
イラスト 安西水丸
発行日 1997年5月15日
発行元 朝日新聞社
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 並製本
ページ数 336
コード ISBN 978-4022571328
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』(むらかみあさひどうはいかにしてきたえられたか)は、村上春樹文、安西水丸絵のエッセイ集。

概要[編集]

1997年5月15日朝日新聞社より刊行された[1]。本書は、『週刊朝日』(1995年11月10日号 - 1996年12月27日号)に連載されたコラム「週刊村上朝日堂」をまとめたものである。絵は安西水丸1999年8月1日新潮社より新潮文庫として文庫化された[2]。巻末に村上と安西の対談がある。

内容[編集]

  • 「日本マンション・ラブホテルの名前大賞が決まりました」の章は、村上と安西と当時月刊誌『Paso』の編集長だった五十嵐文生(文中は「丁稚のイガラシ」)の鼎談形式で書かれてある。
  • 「全裸家事主婦クラブ通信2」の章では、全裸で家事をする読者からの手紙を5通ほど紹介している。
  • 村上と安西の二人はロザンナ・アークエットのファンだという[3]。村上はアークエットが出演した映画『イントルーダー 怒りの翼』を3回も見た。
  • オブラディ、オブラダ」の一節を「人生はブラジャーの上を流れる」と訳したものを昔どこかで見かけたという。
  • 外国に住んでいたころ、久しぶりに一時帰国したときにある出版社から「今度当社で昭和文学の全集を出すのだが、そこにあなたの『1973年のピンボール』を入れたい」と電話があった。電話があったときにはすでに「谷崎潤一郎から村上春樹まで」という見出しのパンフレットが刷られていたという。その顛末が語られている。
  • あとがきで村上は「この本は、去年の夏にとうとう死んでしまった我が長者猫ミューズの魂に、個人的に捧げられます」と述べている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:村上朝日堂はいかにして鍛えられたか
  2. ^ 村上春樹 安西水丸『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』|新潮社
  3. ^ 「村上朝日堂ホームページ」で読者からのメールに対し村上はこう答えている。「ロザンナ・アークエット、いいですねえ。『アフター・アワーズ』見てくださいね。最高です。『パルプ・フィクション』の彼女もちょい役ですが、かなりあぶないですよ」(『スメルジャコフ対織田信長家臣団朝日新聞社、2001年4月、読者&村上春樹フォーラム417)
  4. ^ 本書、新潮文庫、340頁。

関連項目[編集]