村上祐子 (KBS京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

村上 祐子(むらかみ ゆうこ)は、KBS京都アナウンサー、常勤監査役(京都放送人事本名・今井祐子(旧姓・村上)

来歴・人物[編集]

大阪府南河内郡出身。学生時代から放送部に所属、学校の先生に勧められるような形でアナウンサーを目指すようになった。生田教室出身[1][2]1978年4月近畿放送入社。同期は塩見祐子、水野潤子。血液型B型。既婚。主に報道・情報番組のキャスター、レポーターを担当してきた。 特に壮年を過ぎてから、ラジオに重心を置く事が多くなり、ラジオ番組への出演が多い。2009年2月でラジオ編成制作局長に異動[3]。166cm。かたせ梨乃、若い頃の佐藤しのぶに似ている。晃瓶によると、服のサイズは15号で、高座名「はかっ亭十五号」を用意している。

出演番組[編集]

ラジオ[編集]

他に、エンディングのアナウンス(日曜24:00 ~2018年4月8日)と試験電波発射のアナウンス(月曜4:30からMy Shiny Town開始前まで3,4回 ~2018年4月1日)、ラジオCM(京都生活)をしている。

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)- 「KBS京都 村上祐子」の項より
  2. ^ 生田教室 卒業生生田教室
  3. ^ 対談「おだやかな日も、地が揺れるときも、──いつも暮らしによりそい、信頼されるラジオでありたい──」”. 京都府生活協同組合連合会 (2012年1月1日). 2016年3月30日閲覧。