村上義温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村上 義温(むらかみ よしあつ、1889年明治22年)4月22日[1] - 1954年昭和29年)10月20日[2])は、日本外交官。駐ペルー公使

経歴[編集]

石川県出身。1910年(明治43年)、神戸商業高等学校(現在の神戸大学)を卒業し、翌年に外交官及領事官試験に合格した[3]上海に領事官補として赴任し、以後大使館三等書記官、領事関東都督府事務官外務事務官・帝都復興院書記官などを歴任し、その間、長春南京ニューヨークイギリスに勤務した[3]1924年大正13年)より香港総領事、ハンブルク総領事を務め、1931年(昭和6年)からはトルコ大使館参事官となった[3]1933年(昭和8年)に駐ペルー公使に任命され、1935年(昭和10年)からは駐エクアドル公使を、1936年(昭和11年)からは駐ボリビア公使を兼ねた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 大衆人事録 1937.
  2. ^ 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年、994頁。
  3. ^ a b c d 人事興信録 1939.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第12版(下)』 人事興信所、1939年。
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第12版』 帝国秘密探偵社、1937年。