村上隆 (ゴルファー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg 村上隆 Golf pictogram.svg
Takashi Murakami
基本情報
名前 村上隆
生年月日 (1944-05-25) 1944年5月25日(75歳)
身長 174 cm (5 ft 9 in)
体重 80 kg (176 lb)
出身地 静岡県田方郡伊東町
経歴
成績
優勝回数 11勝
賞金王 1975年
賞金ランク最高位 日本男子:1位 (1975)
殿堂表彰者
選出年 2017年
選出部門 プレーヤー
2017年2月13日現在
テンプレートを表示

村上 隆(むらかみたかし、1944年5月25日 - )は静岡県田方郡伊東町(現・伊東市)出身のプロゴルファー

人物[編集]

伊東南中学時代は近所のゴルフ場でキャディーのアルバイトをしていた。卒業後は川奈ホテルに入社し、キャディを勤めながらプロを目指す。その後は東京よみうりカントリークラブに移籍し、1963年にプロテスト合格。1964年にプロデビューし、1967年にグランドモナークで初タイトルを獲得して以降、直実に勝ち星を伸ばしていく。1972年にはマレーシアオープンアジアサーキット初優勝を果たし、ワールドカップ日本代表にも初選出される。1975年5月に同年創設された日本プロマッチプレーに優勝して初代チャンピオンになると同時に初の日本タイトルを獲得すると、9月には日本オープンを勝ち、10月にはプレーオフの末に日本プロ優勝、11月には日本シリーズをも制して空前絶後の日本タイトル4試合を1年間で制覇する"日本4冠王、年間グランドスラム"の快挙を達成し、その年の日本男子プロゴルフツアー賞金王に輝く。1976年にはマスターズ初出場を果たし、ワールドカップでは初日をトップで通過。結果は9位に終わったが、最終日には優勝争いに加わるなど健闘。海外での活躍も評価され、第1回報知プロスポーツ大賞・男子ゴルフ部門を受賞。1977年ハワイアンオープンでは、当時の日本人では最高の2位入賞を果たし、世界的にもショートゲームの第一人者として名声を博す。1980年代にはサンケイスポーツ評論家を務め、第一線を退いた現在は故郷・伊東で悠々自適に生活している。