村地信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村地信夫

村地 信夫(むらち のぶお、1889年明治22年)12月[1] - 1941年昭和16年)10月22日[2])は、日本の内務警察官僚。官選滋賀県知事秋田市長

経歴[編集]

東京府出身。村地正治の四男として生まれる[1]第二高等学校を卒業。1912年東京帝国大学法科大学を卒業。1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1914年内務省に入省し和歌山県属となる[1][3]

以後、和歌山県伊都郡長、鹿児島理事官秋田県警察部長、福岡県書記官警察部長、内務省書記官、警視庁官房主事などを歴任[1]

1934年10月、滋賀県知事に就任。水産課分室の設置、県観光協会の設置、工場排水問題解決のための基礎調査実施、治水・造林規定の制定などを推進[4]1936年4月、知事を辞職し退官した[3][4]。その後、1937年、日本万国博覧会財務部長、1939年2月に秋田市長に就任したが[1]、在任中に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録』第13版 下、ム35頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』1232頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』207頁。
  4. ^ a b 『新編日本の歴代知事』640頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 下、1941年。