村尾重雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

村尾 重雄(むらお しげお、1901年明治34年)10月7日[1] - 1989年平成元年)11月10日[1][2])は、日本の労働運動家、政治家参議院議員

経歴[編集]

大阪市北区天神橋で生まれた[1]小学校卒業後、印刷工、鉄工などとして働いた[1]

1920年大日本労働総同盟友愛会に加わり、その後、同会大阪支部常任書記を務め、多くの労働争議に参加して投獄されたこともあった[1][2]。また、労働農民党社会民衆党社会大衆党の各党員となり、大阪府会議員、大阪市会議員なども務めた[1][2]

戦後、総同盟の再建に加わった[1]日本社会党に入党し、1947年4月、第1回参議院議員通常選挙大阪地方区から出馬して当選(任期3年)[2]第2回第5回第8回通常選挙でも当選し、参議院議員を通算四期務めた[2]1959年、社会党を離党し、1960年民主社会党の結成に加わった[1][2]。この間、参議院人事委員長、同科学技術振興対策特別委員長、民主社会党大阪府連顧問、全労大阪会議議長、全日本労働総同盟顧問、全国化学産業労働組合同盟会長、民社党大阪府支部連会長などを歴任した[2]

伝記[編集]

  • 速水良祐『大地をふみしめて : 村尾重雄伝』大阪同盟二十周年記念誌刊行委員会、1988年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 『市民・社会運動人名事典』432頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』422頁。

参考文献[編集]

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。