村山喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村山 喜一
むらやま きいち
生年月日 1921年7月21日
出生地 日本の旗 鹿児島県姶良郡蒲生町
没年月日 (1996-08-16) 1996年8月16日(75歳没)
出身校 台南師範学校卒業
前職 鹿児島県評事務局長
所属政党 日本社会党(現在の社会民主党

在任期間 1990年2月27日 - 1993年6月18日

選挙区 鹿児島県第2区
当選回数 10回
在任期間 1960年 - 1969年
1972年 - 1993年
テンプレートを表示

村山 喜一(むらやま きいち、1921年7月21日 - 1996年8月16日)は、日本政治家

鹿児島県議会議員衆議院議員(10期)、衆議院副議長(第58代)などを歴任した。

来歴・人物[編集]

鹿児島県姶良郡蒲生町(のちの姶良市)にて生まれた。鹿児島県立加治木中学校 (旧制)卒業[1]1941年台南師範学校卒業後、小学校教員、鹿児島県評事務局長、鹿児島県議会議員を経て、1960年第29回衆議院議員総選挙日本社会党より立候補し当選、以後当選10回。

党内では和田博雄勝間田清一石橋政嗣の派閥に所属する。1982年2月飛鳥田一雄委員長の下で国会対策委員長に就任、その後馬場昇書記長下ろしに伴う役員改選により、同年12月副委員長となる。

1990年、衆議院副議長に就任。1993年、政界引退(後継者の浜田健一が当選[2])。1996年8月16日死去。享年75。

衆議院副議長在任中の議会運営には公正な姿勢で臨み、1992年PKO国会においては、制限時間を越えて発言を続けようとした菅直人(当時社会民主連合所属)に対し、衛視に命じて強制的に降壇させたりもした。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関東龍門会沿革 2019年4月29日一覧
  2. ^ 濱田健一さんの政界引退について 2019年4月29日閲覧
議会
先代:
安井吉典
日本の旗 衆議院副議長
第58代:1990年 - 1993年
次代:
鯨岡兵輔
党職
先代:
田邊誠
日本社会党国会対策委員長
第13代 : 1982年
次代:
山口鶴男