村山徑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村山 徑
(むらやま けい)
生誕 村山 勲[1]
1917年1月21日[1]
新潟県柏崎市[1]
死没 (1987-01-23) 1987年1月23日(70歳没)[1]
神奈川県足柄下郡[1]
国籍 日本の旗 日本
出身校 川端画学校[2]、太平洋画学校[3]
著名な実績 日本画[1]
代表作 「子等」(1943年)[1][4][3]
「残雪の高原」(1958年)[1]
「白浜」(1959年)[1]
「朝の火山」(1978年)[1]
「冠」(1984年)[1]
選出 日展理事(1985年)[1][4]
活動期間 1943年 - 1985年[1]
この人に影響を
与えた芸術家
尾竹国観[2][3]
児玉希望[1]
伊東深水[1]

村山 徑(むらやま けい、1917年大正6年)1月21日[1] - 1987年昭和62年)1月23日[1])は、新潟県柏崎市出身の日本日本画家。本名は勲[1][3]。風景画、山岳を主題にした作品が多い[2]

略歴[編集]

1917年(大正6年)1月21日、新潟県柏崎市北条荒町に農家の長男として生まれる[1][3][4]

新潟市生まれの尾竹国観に師事[2][3]。上京し京華中学に進むが、3年時にカリエスに罹患し帰郷[4]。1935年(昭和10年)再上京し川端画学校の日本画科へ進み[3]、のちに太平洋画学校へ[3]。在学中に各種展覧会で入賞を繰り返した[4]

1943年(昭和18年)、26歳のとき第6回新文展に出品した「子等」が初入選[1][3][4]

戦時中は従軍画家として南方戦線に1945年敗戦まで応召[4]

1950年(昭和25年)、伊東深水児玉希望と共に日月社を結成[2]。この頃児玉希望に師事[3]。日月社では受賞3回のほか委員も務めた[1]

1958年(昭和33年)、1959年(昭和34年)の2年連続で第1回新日展「残雪の高原」、2回新日展「白浜」が特選、白寿賞[1][5]。1961年(昭和36年)にも第4回新日展「溜」が菊華賞[1]

1965年(昭和40年)より日展会員、1972年(昭和47年)日展評議員[1]

1978年(昭和53年)、日展出品作「朝の火山」が内閣総理大臣賞[1][3][4]

1984年(昭和59年)第41回日展にて「冠」が日本芸術院賞および恩賜賞[6]

1985年(昭和60年)日展理事に就任[1][4]

1987年(昭和62年)1月23日午後11時38分、神奈川県足柄下郡の厚生年金病院で肺気腫のため死去、享年70[1]

作品[編集]

太字は受賞。
製作年出品展覧会作品名備考
1943年(昭和18年)第6回新文展「子等」入選[1]
1958年(昭和33年)第1回新日展「残雪の高原」特選[1]
1959年(昭和34年)第2回新日展「白浜」白寿賞[1]
1961年(昭和36年)第4回新日展「溜」菊華賞[1]
1980年(昭和55年)「雨の渦潮」新潟県立近代美術館・万代島美術館蔵[7]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 東文研2014.
  2. ^ a b c d e 村山 徑”. 知足美術館. 2016年8月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k かしわざきのひと”. 柏崎市. 2016年8月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 村山 徑”. 柏崎市. 2016年8月11日閲覧。
  5. ^ 特選(日本画)受賞者一覧(昭和33年~現在)”. 日展. 2016年8月11日閲覧。
  6. ^ 歴代授賞者詳細”. 日本芸術院. p. 16. 2016年8月11日閲覧。
  7. ^ 企画展「水をみつめて 新潟県立近代美術館・万代島美術館所蔵品展」”. 小林古径記念美術館 (2016年7月25日). 2016年8月11日閲覧。

参考文献[編集]