村山秀幸 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村山 秀幸
むらやま ひでゆき
生年月日 (1948-10-14) 1948年10月14日(70歳)
出生地 新潟県中頸城郡大潟町(現上越市
出身校 國學院大學法学部
前職 上越市副市長
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2009年11月9日 - 現職
テンプレートを表示

村山 秀幸(むらやま ひでゆき、1948年10月14日 - )は、日本政治家新潟県上越市長(3期)。

来歴[編集]

新潟県中頸城郡大潟町(現上越市)出身[1]新潟県立直江津高等学校を経て1971年(昭和46年)3月、國學院大學法学部卒業。同年4月、新潟県庁に入庁。2007年(平成19年)3月31日、県庁を退職。同年4月1日、上越市副市長に就任。2009年(平成21年)7月24日、副市長を辞職[2]

2009年(平成21年)10月25日執行の上越市長選挙に無所属で出馬。元上越市長の宮越馨、上越タイムス社社長の大島誠ら2人の候補者を破り、初当選。同年11月9日、市長に就任。

2013年(平成25年)3月14日、再選に向けて同年に実施される上越市長選挙への出馬を表明した[1]

2017年(平成30年)10月22日に行われた上越市長選挙において、元市議の中川幹太を僅差で破り3期目の当選を果たした(村山:52,609票、中川:51,147票)[3]第48回衆議院議員総選挙と同日だった市長選の投票率は64.34%だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “現職の村山氏が今秋の上越市長選挙へ出馬表明”. 上越タウンジャーナル. (2013年3月14日). http://www.joetsutj.com/archives/52022615.html 2013年6月10日閲覧。 
  2. ^ 市長プロフィール”. 上越市ホームページ. 2013年6月10日閲覧。
  3. ^ “【上越市長選速報】現職の村山秀幸氏が僅差で3選果たす”. 上越タウンジャーナル. (2017年10月22日). https://www.joetsutj.com/articles/71354134 2017年10月23日閲覧。 
先代:
木浦正幸
Flag of Joetsu, Niigata.svg 上越市長
2009年 -
次代:
現職