村山 (岐阜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 岐阜県 > 岐阜市 > 村山 (岐阜市)
村山
村山の位置(岐阜県内)
村山
村山
村山の位置
北緯35度28分59.7秒 東経136度42分56.2秒 / 北緯35.483250度 東経136.715611度 / 35.483250; 136.715611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Gifu Prefecture.svg 岐阜県
市町村 Flag of Gifu, Gifu.svg 岐阜市
地区 方県地区
標高
14m (46ft)
人口
2018年(平成30年)4月1日現在)[1]
 • 合計 151人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
501-1107[2]
市外局番 058 (岐阜MA)[3]
ナンバープレート 岐阜
※座標・標高は村山公民館付近

村山(むらやま)は、岐阜県岐阜市大字町丁。町丁部は村山一丁目から村山四丁目までが置かれている。郵便番号501-1107[2]

地理[編集]

北は安食、東は石谷、南は洞、南東は御望、西は則松に隣接している。

小字[編集]

小字は以下の通り[4]

  • 前田(まえだ)
  • 志良古(しらこ)
  • 山田(やまだ)
  • 稲葉(いなば)
  • 川通(かわどおり)
  • 東山(ひがしやま)
  • 五反門(ごたんもん)
  • 隅田(すみだ)
  • 宇田(うだ)
  • 北山(きたやま)
  • 岩戸洞(いわとほら)
  • 南山(みなみやま)
  • 東浦(ひがしうら)
  • 上洞前(かみほらまえ)

歴史[編集]

江戸期は村山村であり、美濃国方県郡のうち。はじめ加納藩領、のち幕府領、宝暦5年からは旗本佐野織田氏領、同6年からは旗本村山織田氏領、「慶長郷牒」「元和領知改帳」「正保郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに村高257石余。「天保郷帳」は田232石余・畑21石余・桑木高5升・山年貢3石余。明治元年の村明細帳によると戸数57・人口234、馬6、神社は八幡宮。明治4年岐阜県に所属。同8年安食村の一部となり、通称安食村南組といわれた[5]

年表[編集]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

地域 小学校 中学校
村山 岐阜市立方県小学校[7] 岐阜市立岐北中学校[7]
一丁目
二丁目
三丁目
四丁目

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)4月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字丁目 世帯数 人口
村山・村山1丁目 50世帯 151人

施設[編集]

  • 村山公民館
  • 村山公園
  • 西福寺支坊
  • 八幡神社

交通[編集]

道路[編集]

バス[編集]

  • 岐阜市コミュニティバス(方県・網代地区コミュニティバス)[8]
    • 方県ルート[9]
      • (折立平野総合病院) - 村山 - (佐野公民館)
    • 網代ルート[10]
      • (折立平野総合病院) - 村山公民館 - (さくら苑)

脚注[編集]

  1. ^ a b 人口統計 - 地区別・町丁別世帯数及び人口” (日本語). 岐阜市 (2018年4月1日). 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年12月2日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年12月2日閲覧。
  4. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 21 岐阜県』、角川書店、1980年 ISBN 4040012100 1285頁
  5. ^ a b c 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 21 岐阜県』、角川書店、1980年 ISBN 4040012100 131頁
  6. ^ a b 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 21 岐阜県』、角川書店、1980年 ISBN 4040012100 68頁
  7. ^ a b 岐阜市立小・中学校及び高等学校通学区域に関する規則、2013-11-13閲覧。
  8. ^ 岐阜市コミュニティバス運行について、2013-11-13閲覧。
  9. ^ 方県・網代バス ~方県・網代地区コミュニティバス~ (方県ルート) Archived 2013年12月2日, at the Wayback Machine.、2013-11-13閲覧。
  10. ^ 方県・網代バス ~方県・網代地区コミュニティバス~ (網代ルート)、2013-11-13閲覧。

関連項目[編集]