村岡克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村岡克彦
生年月日 (1963-06-26) 1963年6月26日(55歳)
出生地 日本の旗 日本長崎県諫早市
身長 180cm
血液型 A型
職業 映画プロデューサー
音楽プロデューサー
ジャンル 現代劇映画
事務所 アットピクチャーズ
主な作品
ペコロスの母に会いに行く
はなちゃんのみそ汁
備考
略歴
イメージフィールド(株)
(有)ピー・ファクトリー
東放学園映画専門学校


村岡 克彦(むらおか かつひこ、1963年6月26日 - )は日本の映画プロデューサー・音楽プロデューサー。長崎県諫早市飯盛町出身[1]

略歴[編集]

長崎県立諫早高等学校卒業。福岡大学に進学するが実家の経済的理由のため中退。かつて福岡市天神にあったセンターシネマで観た「ブルース・ブラザース」に影響されて音楽業界入りを決める。CBSソニーでの営業アルバイトを経てコンサートイベンター、音楽プロモーター等を20年余り務める。

YUI絢香、他のメジャーデビューにも深く携わる。)

その後、映画プロデューサーとしての活動を始め、映画「ペコロスの母に会いに行く」では、2013年キネマ旬報日本映画ベストワン、毎日映画コンクール日本映画優秀賞、2013年映画芸術ベストテン日本映画第1位ほか国内外の映画賞を数多く受賞。その年、最も著しい功績をあげた映画プロデューサーに贈られる藤本賞の特別賞を受賞する。

2015年映画「はなちゃんのみそ汁」(主演:広末涼子)を製作。(主演の広末涼子がハワイ国際映画祭において功労賞を、監督の阿久根知昭が上海国際映画祭アジア新人監督賞にノミネートされる)

同年11月 不慮の事故により頚髄損傷を煩い、四肢麻痺という重い障害に襲われ再起不能と思われたが、必死のリハビリの末、一年後奇跡的な回復で退院。

2018年8月 ロスアンゼルスで開催されたJAPAN FILM FESTIVAL in LAに、2015年公開「はなちゃんのみそ汁」、2018年公開の映画「糸」(主演:田中美里)が公式招待作品に選ばれた。「はなちゃんのみそ汁」が最も茶の間で観てほしい日本映画に贈られる「Japan Chanoma Award」を受賞。

現在2019年公開「親戚たち」(原作:市川森一)ほか複数の作品を製作中。

東放学園映画専門学校映画制作科講師。

フィルモグラフィー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

北の国から ベストセレクション~インストゥルメンタル -坂元昭二

受賞歴[編集]

  • 2013年キネマ旬報ベストテン日本映画第一位「ペコロスの母に会いに行く」
  • 第69回毎日映画コンクール日本映画優秀賞「ペコロスの母に会いに行く」
  • 2013年映画芸術ベストテン日本映画第一位「ペコロスの母に会いに行く」
  • 2014年トロント日本映画祭最優秀グランプリ「ペコロスの母に会いに行く」
  • 第28回高崎映画祭最優秀作品賞
  • 第6回東京新聞映画賞
  • 第13回 Japan Film Festival in L.A. Chanoma Award「はなちゃんのみそ汁」
  • 第33回藤本賞 特別賞[4]

脚注[編集]

  1. ^ 村岡 克彦(むらおか かつひこ)”. entatsu.com. 2017年11月26日閲覧。
  2. ^ ペコロスの母に会いに行く”. 映画.com. 2017年11月26日閲覧。
  3. ^ はなちゃんのみそ汁”. 映画.com. 2017年11月26日閲覧。
  4. ^ 第33回藤本賞に「永遠の0」市川南氏「心に残る映画送り出せた」と感慨”. 映画.com. 2017年11月26日閲覧。