村岡崇光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

村岡 崇光(むらおか たかみつ、1938年 - )はオランダ在住の日本人で言語学者聖書学者

人物[編集]

  • 東京教育大学英文科時代に独学でギリシア語ヘブライ語を学び、東京教育大学のキリスト者学生会(KGK)の聖書研究会で学生に教えていた。
  • 学生時代に泉田昭牧師日本バプテスト教会連合練馬バプテスト教会で役員をしていた。ギリシア語、ヘブライ語のクラスを開いた。そのクラスでは、原書による新約聖書、旧約聖書の講義が行われた[1]。そのクラスでは日本語の文章を聞き、聖書のギリシア語で応えるという学習法を行っていた[2]
  • 2003年ライデン大学を退職以来、毎年最低5週間、20世紀に日本の軍国主義、侵略戦争の犠牲になってまだ戦後処理が出来ていないアジア諸国へ赴き、ヴォランティアで専門科目を現地の大学や神学校で教授する。これまで訪問した国は、韓国インドネシアシンガポール香港フィリピン中国台湾マレーシアミャンマータイ、インドである。ֹこの旅行についての思索、記録は下にあげた「私のヴィアドロローサ:『大東亜戦争』の爪痕をアジアに訪ねて」(2014年:東京)に出ている。
  • 2015年5月29日、李容洙吉元玉に対して、日本人が犯した罪を許してもらうべく謝罪文を読み上げ、信徒たちと共に深々と頭を垂れて赦しを請うた[3]

経歴[編集]

著書[編集]

  • Modern Hebrew for Biblical Scholars. 1982, 1998(聖書学者のための現代ヘブル語)
  • A Greek-Hebrew/Aramaic Index To I Esdras. 1984(第一エズラ書のギリシア語-アラム語索引)
  • Emphatic Words and Structures in Biblical Hebrew. 1985(聖書ヘブル語における強調語と構文)
  • Classical Syriac for Hebraists. 1987, 2013 (改訂第二版)(ヘブル語をすでに知っている人のための古典シリア語文法)
  • Classical Syriac: A Basic Grammar with a Chrestomathy. 1997、2005(古典シリア語の文法)
  • A Grammar of Egyptian Aramaic. 1998, 2003 (ペルシア帝国時代エジプトで用いられていたアラム語の文法)
  • A Grammar of Biblical Hebrew. 1991, 2006(聖書ヘブライ語の包括的な、最もアップトゥデイトな高級文法書。Paul-Joüonによって1923年にフランス語で書かれたものを英訳し、大幅に改定したもの。)
  • A Greek-English Lexicon of the Septuagint. 1993, 2002, 2009(旧約聖書の古代ギリシャ語訳、所謂70人訳の辞書)
  • A Greek~Hebrew/Aramaic Two-way Index to the Septuagint. 2010(70人訳のギリシャ語からヘブライ語/アラム語への索引とその逆方向への索引)
  • 『「慰安婦」強制連行』(共著)2008年
  • A Grammar of Qumran Aramaic, 2011 (死海写本中のアラム語文書の総括的高等文法)
  • An Introduction to Egyptian Aramaic, 2012 (ペルシア帝国時代エジプトで用いられていたアラム語の初級向け教科書)
  • 『わたしのヴィア・ドロローサ:「大東亜戦争」の爪痕をアジアに訪ねて』日本聖書協会:教文館 2014年
  • A Biblical Aramaic Reader with an Outline Grammar. 2015.
  • A Syntax of Septuagint Greek. 2016.
  • My Via dolorosa: Along the trails of the Japanese imperialism in Asia. 2016.
  • A Biblical Hebrew Reader with an Outline Grammar. 2017.
    • Jacob of Serugh's Hexaemeron. Edited and translated. 2018. Leuven.
    • A Syntax of Qumran Hebrew. 2020. Leuven.
    • Why Read the Bible in the Original Languages? 2020. Leuven.
  • 論文多数。主として英語、その他ヘブライ語、フランス語、日本語でも。

訳書[編集]

  • 『キリスト伝』ジェームズ・ストーカー著、1959年、2015年いのちのことば社
  • 『パウロ伝』ジェームズ・ストーカー著、1963年 いのちのことば社
  • 『教会の権威』マーティン・ロイドジョンズ みくに書店 KGK新書 1965年
  • 『教会一致の基礎』マーティン・ロイドジョンズ みくに書店 KGK新書 1967年
  • 『キリストの最期』ジェームズ・ストーカー著、1968年 いのちのことば社
  • 『士師たちの時代』「聖書の世界」2)1970年 講談社
  • 『エズラ・ネヘミア時代;マカベア時代』(聖書の世界3) 1970年 講談社
  • 中短編小説5点「ノーベル文学賞全集」シュムエル・ヨセフ・アグノン 主婦の友社 1971年
  • 「ユダヤ民族史 3中世篇 I, 4中世篇 II」H. H. ベンサソン 六興出版 1977年
  • 「第一エズラ書」(聖書外典偽典4)1975;「シリア語バルク黙示録」(同5)1976年;「ベンシラの知恵」(同2)1977年;「エチオピア語エノク書、ヨベル書」(同4)教文館 1977;「使徒たち の手紙、イザヤの殉教と昇天、ペテロの黙示録」(同別巻補遺2)1982年 教文館
  • A Dream Come True, E. Ben-Yehuda (ヘブライ語からの英訳)Westview Press 1993年
  • 『バーデンハイム1939』アハロン・アップルフェルド 1996年 みすず書房
  • 『タルムード入門 I 』A. コーヘン 1997年 教文館
  • 「ダニエル書、エズラ記、ネヘミヤ記」1997年 岩波書店
  • 『ネルと子供たちにキスを』E. ウィレム・リンダイヤ 2000年 みすず書房
  • 『折られた花:日本軍「強制慰安婦」にされたオランダ人女性たちの声』マルゲリート・ハーマー著、新教出版社、2013年
  • 『聖書を原語で読んでみてはじめてわかること』 いのちのことば社、2019年

脚注[編集]

  1. ^ 石井忠雄(2011)25頁
  2. ^ 石井忠雄(2011)116頁
  3. ^ クリスチャントゥディ『日本人牧師や信徒ら、元従軍「慰安婦」のハルモニに謝罪 ソウルなど訪問』 2015年5月29日18時02分

参考文献[編集]