村崎サイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
むらさき さい
村崎 サイ
Murasaki Sai.JPG
徳島文理大学にあるサイの銅像
生誕 (1864-06-07) 1864年6月7日
日本の旗 日本
香川県小豆島町
死没 (1945-07-04) 1945年7月4日(満81歳没)
職業 教育者
子供 村崎凡人(孫)
村崎正人(曾孫)

村崎 サイ(むらさき サイ、1864年文久3年)6月7日 - 1945年昭和20年)7月4日)は日本教育者社会運動家香川県小豆島町出身。

徳島文理大学などを経営する学校法人村崎学園の創立者で「学祖」と呼ばれている。

経歴[編集]

村崎学園設立[編集]

香川県小豆島の醤油屋の娘に生まれる。父は町長を勤めており、小豆島で初めての小学校を創立した人物である。愛媛県で初めての女性教員となった後、徳島県で教職についた。

1895年に「女も独り立ちが出来ねばならぬ」の精神により私立裁縫専修学校(現在の徳島文理大学の前身)を創立[1]

1924年には徳島女子職業学校(現在の徳島文理高等学校の前身)を併設。当時はあまり女性が社会に出ることの少なかった時代だった為、サイは女性の社会進出と自立を目標としていた。

1945年7月4日徳島市を襲った徳島大空襲により学園は焼失、サイ自身もこの時に死亡した。また夫との間に子供ができなかったので、自分の生徒を養女にした。

サイの没後[編集]

サイの死後、孫である村崎凡人が学園を再建するとともにその近代化に努め、幼稚園から大学院までを一貫した教育を行う総合学園にした。また1985年には村崎凡人によって「女も独り立ちが出来ねばならぬ 村崎サイ」という本も春秋社から出版されている。

1989年には徳島文理大学香川キャンパスに「村崎サイメモリアルホール」が設立され、2000年には徳島キャンパスに「むらさきホール」が建てられている。また大学には「村崎サイ奨学金」という文理大学独自の奨学金制度が設けられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大学は往く 新しい学園像を求めて〈17〉”. 日本私立大学協会. 2017年1月19日閲覧。

参考文献[編集]

先代:
-
初代 村崎学園理事長
1895年 - 1945年
次代:
村崎凡人