村松武美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村松武美

村松 武美(むらまつ たけよし、1884年明治17年)4月3日[1]1938年昭和13年)9月10日[2])は、新潟市長内務官僚

経歴[編集]

静岡県榛原郡勝間田村字切山[1](現在の島田市)に鈴木美賢の二男として生まれ、村松家の入婿となった。1913年大正2年)7月、東京帝国大学法科大学法律学科を卒業した。同年11月に高等文官試験に合格し、埼玉県属、埼玉県理事官、埼玉県入間郡長、新潟県理事官・農林課長、静岡県警察部長宮城県警察部長宮城県書記官・警察部長、京都府書記官・警察部長、愛知県書記官・警察部長、栃木県書記官・内務部長、広島県書記官・内務部長を歴任した。

1931年(昭和6年)に海外出張を命じられ、翌年に帰国。帰国後は京都市助役に就任し、1935年(昭和10年)まで務めた。

その後、1937年(昭和12年)に新潟市市長に選出され、翌年まで在職した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『大日本人物史』む2ページ
  2. ^ 『昭和十五年度版 日本人名選』、大阪毎日新聞社、1939年

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第11版(下)』 人事興信所、1937年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第10版(下)』 人事興信所、1934年
  • 『銀婚記念 大日本人物史 一九二五年』 大日本人物史編纂社、1925年


公職
先代:
小柳牧衛
Flag of Niigata, Niigata.svg 新潟市長
第14代:1937年 - 1938年
次代:
井上英