村林一輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村林 一輝
東北楽天ゴールデンイーグルス #66
I murabayashi20170305.jpg
さいたま市営浦和球場にて(2017年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市東区
生年月日 (1997-10-06) 1997年10月6日(21歳)
身長
体重
180 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2015年 ドラフト7位
初出場 2017年10月10日
年俸 630万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

村林 一輝(むらばやし いつき、1997年10月6日 - )は、大阪府堺市東区出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年から菩提フォルコンズで野球を始め、小学5年から美原ベアーズへ[2]堺市立南八下中学校から大阪府立大塚高等学校へ進学。1年からショート兼ピッチャーでレギュラーを掴み、2年の秋には4番でエースとなった。3年の夏の第97回全国高等学校野球選手権大阪大会では初戦の大商大高校戦で中盤足をつりながらも12回3失点と好投したが敗退。

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスに7巡目で野手として指名され、契約金2000万円、年俸500万円で合意、[2]入団。背番号は66に決まった。

楽天時代[編集]

2016年、主に育成試合や二軍で過ごす。ファームでは三塁手として7試合、遊撃手として16試合に出場し、25打席に立ったがヒットは一本も打てなかった。

2017年、二軍ではショートでレギュラーとなり、リーグトップの119試合に出場、打率.246を記録した[3]。9月28日に初めて一軍に登録され、試合には出場せず9月30日に抹消されたが、最終戦となった10月10日に再び一軍登録され、9番ショートでスタメン出場。初打席で初ヒットを放った。

選手としての特徴・人物[編集]

  • 大阪府立大塚高等学校初のプロ野球選手である。
  • 投手としてMAX143km/hを投げ、野手としては遠投110メートル、50メートルは6秒2を誇る[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 楽天 1 3 2 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .500 .667 .500 1.167
2018 28 49 44 3 5 1 0 0 6 2 0 1 2 0 3 0 0 12 2 .114 .170 .136 .307
通算:2年 29 52 46 5 6 1 0 0 7 2 0 1 2 0 4 0 0 13 2 .130 .200 .152 .352
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



遊撃 二塁 三塁




































2017 楽天 1 2 3 0 1 1.000 - -
2018 15 23 25 2 4 .960 12 9 8 1 1 .944 1 0 0 0 0 .---
通算 16 25 28 2 4 .964 12 9 8 1 1 .944 1 0 0 0 0 .---
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 66 (2016年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]