村瀬孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村瀬 孝雄(むらせ たかお、1930年8月25日 - 1998年4月15日)は日本の臨床心理学者。オーストラリアメルボルン生まれ。フォーカシングを日本に導入したほか、内観療法森田療法など、日本の心理療法に関心を持った。妻は北翔大学教授の村瀬嘉代子

経歴[編集]

  • 1953年 東京大学文学部心理学科卒業後、東京大学大学院教育心理学博士課程中退。
  • 東京大学教育学部助手、国立国府台病院、国立精神衛生研究所、立教大学教授、東京大学教育学部教授を経て、学習院大学文学部教授。日本心理臨床学会理事長、日本内観学会会長等歴任。

著書[編集]

  • 「フォーカシング」創元社
  • (編著)「内観法入門―安らぎと喜びにみちた生活を求めて」誠信書房
  • 「臨床心理学と〈生きる〉ということ」村瀬嘉代子と共著、日本評論社
  • 「中学生の心とからだ―思春期の危機をさぐる」岩波書店
  • (翻訳)ユージン・T ・ジェンドリン「フォーカシング指向心理療法〈上)(下)」金剛出版
  • 「内観―理論と文化関連性」誠信書房

ほか

翻譯[編集]

  • ユージン・ジェンドリン (訳編) 『体験過程と心理療法』 牧書店 1966
  • B. ベッテルハイム (村瀬嘉代子と共訳) 『愛はすべてでない』 誠信書房 1968
  • S. J. コーチン 『現代臨床心理学-クリニックとコミュニティにおける介入の原理』 弘文堂 1980
  • ユージン・ジェンドリン (共訳) 『フォーカシング』 福村出版 1982
  • E. H. エリクソン (近藤邦夫と共訳) 『ライフサイクル、その完結』 みすず書房 1989
  • G. C. デビソンほか (監訳) 『異常心理学』 誠信書房 1998

論文[編集]

  • 「硬さ (Rigidity) の発達心理学的分析-老年期を中心に」 『教育心理学研究』 第2巻 3号 1954
  • 「学習態度の形成」 三木安正編 『現代心理学大系 5. 児童心理学』 共立出版 1958
  • 「特殊才能」 『現代教育心理学大系 14. 特殊教育』 中山書店 1958
  • 「適応」 『講座現代社会心理学 2. 社会的人間』 中山書店 1959
  • 「カウンセリングにおける診断の問題-投影法の新しい意義をめぐって」 『カウンセリングの展望』 誠信書房 1965
  • 「来談者中心療法」 水島恵一と共著 『臨床心理学講座 3. 心理療法』 誠信書房 1967
  • 「総合診断における自己像把握の現象学的研究」 日本臨床心理学会編 『臨床心理学の進歩1967年版』 誠信書房 1967
  • 「ロールシャッハ反応への現象学的接近」 『ロールシャッハ研究』 第9・10巻合併号 1968
  • 「自己実現と情操教育」 依田新編 『現代教育研究 16. 情操教育』 日本標準テスト研究会 1968
  • 「Goldstein と Maslow における有機論」「Rogers の自己理論」 佐治守夫編 『講座心理学 10. 人格』 東京大学出版会 1970
  • 「児童期の発達課題」 『児童臨床心理学講座 5. 児童期の臨床心理』 岩崎学術出版社 1970
  • 「被験者が自己解釈を行った一症例-診断的理解と共感的理解の統合についての一考察」 片口安史ほか編 『ロールシャッハ法による事例研究』 誠信書房 1970
  • 「青年期人格形成の理論問題-アメリカ青年心理学の一動向」 『教育心理学研究』 第20巻 4号 1972
  • 「パーソナリティの総合的判断」 村上英治編 『心理学研究法 12. 臨床診断』 東京大学出版会 1974
  • 「内観療法に関連して」 『精神医学』 第17巻 13号 特集・精神医療に見られる日本的特性 1975
  • 「青年期危機概念をめぐる実証的考察」 笠原嘉ほか編 『青年の精神病理』 弘文堂 1976
  • 「内観と日本文化」 星野命ほか編 『臨床心理学講座 8. 社会・文化の変化と臨床心理学』 誠信書房 1976
  • 「精神療法総論-精神療法の科学性と特質を中心に」 笠原嘉ほか編 『現代精神医学大系 5A 精神科治療学 1 』 中山書店 1978
  • 「青年のカウンセリング」 清水将之編 『青年期の精神科臨床』 金剛出版 1981
  • 「退行しながらの自己確立-或るサークルのこと」 笠原嘉ほか編 『キャンパスの症候群-現代学生の不安と葛藤』 弘文堂 1981
  • 「罪意識と内観療法」 『季刊 精神療法』 第8巻 1号 1982
  • 「思春期の諸相」 河合隼雄ほか編 『精神の科学 6. ライフサイクル』 岩波書店 1983
  • 「青年の心理と対人恐怖」 『青年心理』 第41号 1983
  • 「青年期におけるアイデンティティの形成」 『パッケージ性格の心理 1. 性格の発達と形成』 ブレーン出版 1985
  • 「精神分析からフォーカシングへの道」 『季刊 精神療法』 第11巻 3号 1985
  • 「臨床心理学にとって基礎学とは何か」 『心理臨床学研究』 第5巻 2号 1988
  • 「成人期の悩み」 『教育と医学』 第36巻 5号 1988
  • 「心の発達」 河合隼雄ほか編 『講座転換期における人間 3. 心とは』 岩波書店 1989
  • 「内観療法」 『異常心理学講座・第9巻』 みすず書房 1989
  • 「臨床心理学の基礎」 『臨床心理学大系 1. 臨床心理学の科学的基礎』 金子書房 1991
  • 「S C T」 『臨床心理学大系 6. 人格の理解 (2)』 金子書房 1992
  • 「心理療法と価値:序論」 『内観研究』 第1巻 1号 1995

参考[編集]

  • 村瀬嘉代子 「村瀬孝雄と内観との出会い」『柔らかなこころ、静かな想い』 創元社 2000 pp.49 - 72
  • 『日本心理学者事典』 大泉溥 編、クレス出版、2003年。ISBN 4-87733-171-9。