村瀬武男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村瀬 武男(むらせ たけお、1879年(明治12年)5月11日 - 1959年(昭和34年)2月3日)は、愛媛県出身の政治家衆議院議員愛媛県会議長などを務めた。

経歴[編集]

1879年(明治12年)5月11日愛媛県野間郡九王村(現今治市)で出生。1898年(明治31年)広島市の修道学校(現修道中学校・修道高等学校)を卒業[1]。その後兵役に従事。1903年(明治36年)大井村(現今治市助役1910年(明治43年)から1941年(昭和16年)までの間に前後6期大井村長を務めた。1919年(大正8年)から1937年(昭和12年)まで連続5期愛媛県会議員、1935年(昭和10年)12月から1年間は議長を務めた[2]。また、越智郡農会長・愛媛県農会副会長・越智郡畜産組合長・愛媛県山林会郡支部会長などの要職も歴任。

1937年4月の第20回衆議院議員総選挙に愛媛2区から立憲民政党公認で出馬し当選。1942年(昭和17年)4月の第21回総選挙では翼賛政治体制協議会推薦で出馬し再選[3]1946年(昭和21年)公職追放[4]。追放解除後の1954年(昭和29年)10月今治市長に公選され1年余在任した。晩年は四国産業会社社長を務めた。昭和34年2月3日逝去。勲三等[5]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『議会制度七十年史:衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年、498頁。
  2. ^ 愛媛県議会 歴代議長一覧
  3. ^ 愛媛県 衆議院議員選挙の歩み
  4. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  5. ^ 碑像マップ 村瀬武男翁之像&越智茂翁之像(今治市役所大西支所)

参考文献[編集]

関連項目[編集]