村田了阿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村田 了阿(むらた りょうあ、安永元年(1772年) - 天保14年12月14日1844年2月2日))は、江戸時代後期の俳人。名は直温、字は高風、通称は小左衛門、如春・一枝堂・春枝堂・臺麓と号す。剃髪して了阿と改める。

略伝[編集]

煙草商の次男として江戸に生まれ、下谷坂本・浅草金藏寺に住んだ。国学を清原雄風に、書を沢田東江に学ぶ。和歌俳諧狂歌・狂詩画を能くし、博学多識で北静盧狩谷棭斎市野迷庵とも並び称された。行年72で没した。戒名は顕徳院一鶴了阿居士。下谷区金杉町西蔵院に墓がある[1]

その手記の中に書賈(本屋)への不信を漏らしており、「ともすれば人を欺く故、ものを任せられない」といい、例として「大部の書には目録や付録など必ず別巻があるものだが、書賈は本文だけを分けて置いて、その別巻を売りに出す」と商売根性を憎んでいる[2]

著作[編集]

  • 異域事項 6巻
  • 一枝堂全書 84巻
  • 一枝堂抄録 262巻
  • 一字編
  • 考證千典 10巻
  • 事物類字 7巻
  • 説叢
  • 鄭声語原 2巻
  • 俚言集覧 50巻
  • 方窠抄
  • 老松考
  • 五色石
  • 三千方
  • 袋草紙

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関隆治・編 『國学者著述綜覧』 森北書店、1943年、P.185。
  2. ^ 森銑三 『落葉籠・上』 中公文庫、2009年、P.153。