村田康一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村田 康一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県小倉市(現:北九州市
生年月日 (1936-11-27) 1936年11月27日(81歳)
身長
体重
172 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1955年
初出場 1956年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

村田 康一(むらた こういち、1936年11月27日 - )は、福岡県小倉市(現:北九州市)出身の元プロ野球選手プロ野球審判員。元パシフィック・リーグ審判部長。

来歴・人物[編集]

福岡県立小倉西高等学校卒業後の1955年、同じ福岡県出身で近鉄に所属していた原勝彦の誘いで近鉄パールス捕手として入団。二軍暮らしが長かったが徐々に力を付け、1961年には一塁手に回った竹下光郎の後継としてレギュラーを獲得、68試合に先発マスクを被る。しかし翌1962年には移籍入団の吉沢岳男に定位置を譲り、1964年限りで現役引退。その後2年間は近鉄の合宿所寮長兼二軍マネージャーを務める。

近鉄時代のチームメイトだった加藤昌利1985年死去)や斎田忠利の紹介で1967年パシフィック・リーグ審判部入局。審判員袖番号は281977年初採用から1996年引退まで、彼以降に同番号をつけた審判はパ・リーグにはいない)。1990年1991年は審判部長。部長の座を寺本勇に禅譲した後も現役を続け、1996年引退。

審判としての通算試合出場数は2667、オールスターゲーム5回(1975年、1979年、1984年、1987年、1996年)、日本シリーズ5回(1981年、1982年、1986年 - 1988年)出場。オールスターゲームでは1979年第2戦、1984年第1戦、1996年第2戦で球審を務め、日本シリーズでは1981年第3戦、1982年と1986年第2戦、1987年第5戦、1988年第4戦でそれぞれ球審を務めた。

ライオン審判」の異名を取り、判定でもめそうになった時にコールを連呼するジャッジで、選手に有無を言わせぬ事が多かった(水島新司の漫画では、彼を描くときには「オレは村田だ!」というセリフをつけている)。

また、インサイドプロテクターを比較的早い時期から採用しており、球審の際はニースタンスで、身体を極めて低く構えていた。1987年の日本シリーズでは、後楽園球場最後の試合で球審を務めた。

プロ野球マスターズリーグでも審判を務める。2008年より四国アイランドリーグplusの初代審判部長となり[1]、2015年4月まで務めた[2]。2015年5月からは審判部顧問となる[2]

「石コロ事件」[編集]

1982年10月28日西武中日日本シリーズ第5戦(西武球場)。0-0の3回表、中日の攻撃で、2死ながら二塁走者に田尾安志を置き、右打席に平野謙が立ったが、彼の打球は西武の一塁手田淵幸一の右を抜きながらも、その打球が一塁塁審の村田の足を直撃した。その打球が西武の二塁手山崎裕之の目の前に転がり、三塁ベースを回っていた田尾がアクシデントに気づいてあわてて三塁に戻ったが、田尾はタッチアウト、中日は先制のチャンスをつぶした(ただし、平野の記録は安打)。

その試合は3-1で西武の勝利、シリーズの通算成績も中日の2勝3敗となった(結局西武は第6戦に勝ち、西武ライオンズとして初の日本一に輝いた)。

試合終了後、報道陣から「あのプレーに関してはどういう心境か」と問われ「石コロ!」と吐き捨てた(公認野球規則によると、野手を通過したボールに審判が当たった時は「ボールインプレー」、すなわち石コロと同じ扱いとなる(公認野球規則6.08(d))[3])。

なお、同シリーズ第6戦においても、中日・平野が二塁盗塁した際に西武の二塁手・山崎裕之が落球しているのが見えず、二塁塁審の村田はアウトのコールをした。この時は抗議により判定が覆っている。

村田はこの事件によって、その後1985年までは日本シリーズの審判から外された。

エピソード[編集]

岩本勉の証言によればある年の日本ハムファイターズの試合で、相手打者が放ったポールの上を通過する超特大の打球をホームランと判定した際、日本ハム監督の上田利治がファウルではないかと抗議すると「あんだけ飛んだらホームラン!!」と跳ね返した。このエピソードは2010年からホームランのビデオ判定が導入されて以降、岩本がこの話題になる際に度々登場させている。

2014年11月13日、『武田和歌子のぴたっと。』(ABCラジオ)の18時台「福本豊のあの人は今 元・プロ野球選手名鑑」にゲスト出演した。

脚注[編集]

  1. ^ 四国・九州IL審判部の発足について - 四国・九州アイランドリーグニュースリリース(2008年3月26日、PDF文書)
  2. ^ a b 四国アイランドリーグplus 審判部役職変更について - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年4月30日)
  3. ^ ただし、内野内に位置する審判に当たった場合は「ボールデッド」になるため、石コロ扱いではない。村田は外野に(より正確には、内野手の後方に)位置していたため、石コロ扱いとなったのである(公認野球規則5.09(f)原注)。「ボールデッド」になった例として、2015年6月2日横浜DeNA - 福岡ソフトバンク戦がある。「審判は「石ころ」なのか? 工藤監督は野球規則片手に飛び出したが…1982年の日本シリーズが球界に残した“思い込み”」 - 芳賀宏『産経新聞

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 近鉄 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1957 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1958 12 13 13 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .077 .077 .308 .385
1959 26 85 76 4 13 2 0 0 15 7 0 2 0 1 8 0 0 18 4 .171 .247 .197 .444
1960 46 92 83 4 15 2 0 2 23 4 0 0 2 1 6 0 0 22 3 .181 .233 .277 .510
1961 110 248 231 15 46 10 0 4 68 14 0 0 2 0 11 0 4 35 6 .199 .248 .294 .542
1962 23 29 28 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 1 8 2 .107 .138 .107 .245
1963 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 224 473 437 25 78 14 0 7 113 26 0 2 4 2 25 0 5 92 15 .178 .230 .259 .489

背番号[編集]

  • 47 (1955年 - 1961年)
  • 25 (1962年 - 1964年)

関連項目[編集]