村田数之亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

村田 数之亮(むらた かずのすけ、1900年11月30日 - 1999年1月20日)は、日本西洋史学者。

京都府出身。1924年東京帝国大学文学部西洋史学科卒。京都帝国大学大学院進学。1936年ヨーロッパに留学。帰国後京都帝大講師、1948年「クレタ文明の性格」で京都大学文学博士1949年大阪大学文学部教授。1964年定年退官、名誉教授。甲南大学教授。古代ギリシア史が専門。

著書[編集]

  • 『ギリシア史 西洋史講座』雄山閣 1932
  • 『希臘美の性格』弘文堂書房(教養文庫)1940
  • 『ギリシャの瓶絵』アルス 1942
  • 『概観西洋歴史』河原書店 1947
  • 『史蹟の希臘』大八洲出版(古文化叢刊)1947
  • 『エーゲ文明の研究』弘文堂 1949
  • 『概観西洋史』創元社 1952
  • 『新書西洋史 第1 文明の生成』創元社 1955
  • 『世界の歴史 第4 ギリシャ』河出書房 1968 のち文庫 
  • 『沈黙の世界史 第3 英雄伝説を掘る ギリシア』新潮社 1969
  • 『ギリシアの陶器』中央公論美術出版 1972
  • 『ギリシア美術』新潮社 1974
  • 『私のギリシア』1976 新潮選書
  • 『エーゲ美術』中央公論美術出版 1979
  • 『ギリシア美をもとめる』ブレーンセンター(対話講座なにわ塾叢書)1988

共著編[編集]

  • 『京大西洋史 西洋古典世界』吉原好人共著 創元社 1949
  • 『西洋美術史』創元社 1951
  • 『世界美術大系 第4巻 エーゲ美術』 講談社 1962
  • 『世界美術全集 第26巻 西洋 第2(古代第1)』 角川書店 1962

翻訳[編集]

  • マイエル『希臘主義の東漸』 二宮善夫共訳 創元社(史学叢書)1942
  • 『先史世界への熱情 シュリーマン自叙伝』星野書店、1942 「古代への情熱」1954(岩波文庫
  • ジョルジュ・ドー『考古学の歩み』樋口隆康共訳 白水社 文庫クセジュ 1954
  • C.W.ツェーラム『神・墓・学者 考古学物語』養徳社 1956 のち中公文庫
  • ピエール・ドマルニュ『ギリシア美術の誕生』高橋たか子共訳 新潮社(人類の美術)1966
  • シンクレア・フッド『ギリシア以前のエーゲ世界』創元社(世界古代史双書)1970
  • ウィリアム・キュリカン『地中海のフェニキア人』創元社(世界古代史双書)1971
  • ジャン・シャルボノー,ロラン・マルタン,フランソワ・ヴィラール『ギリシア・クラシック美術 前480-前330』新潮社(人類の美術) 1973

参考[編集]

  • 村田数之亮氏(1900〜1999)〔含 略歴〕 (追悼) 宇都木慎一「山岳」1999