この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

村田沙耶香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村田 沙耶香
(むらた さやか)
誕生 (1979-08-14) 1979年8月14日(40歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 玉川大学文学部
活動期間 2003年 -
ジャンル 小説
代表作 『ギンイロノウタ』(2008年)
『しろいろの街の、その骨の体温の』(2012年)
コンビニ人間』(2016年)
主な受賞歴 群像新人文学賞優秀賞(2003年)
野間文芸新人賞(2009年)
三島由紀夫賞(2013年)
芥川龍之介賞(2016年)
デビュー作 『授乳』(2003年)
テンプレートを表示

村田 沙耶香(むらた さやか、1979年[1]8月14日 - )は、日本小説家エッセイスト独身

人物

千葉県印西市出身[2]二松學舍大学附属沼南高等学校(現・二松學舍大学附属柏高等学校[3])、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。

横浜文学学校にて宮原昭夫に学ぶ[4]

朝井リョウ加藤千恵西加奈子ら作家仲間からは「クレイジー沙耶香」[5][6]と呼ばれている。

受賞歴

文学賞

その他

作品リスト

  • 『授乳』(2005年2月、講談社)のち文庫
    • 授乳(『群像』2003年6月号)
    • コイビト(『群像』2003年12月号)
    • 御伽の部屋
  • 『マウス』 (2008年3月、講談社)のち文庫
  • 『ギンイロノウタ』 (2008年10月、新潮社)のち文庫
    • ひかりのあしおと(『新潮』2007年2月号)
    • ギンイロノウタ(『新潮』2008年7月号)
  • 『星が吸う水』 (2010年2月、講談社、ISBN 978-4-06-216097-1)のち文庫
    • 星が吸う水(『群像』2009年3月号)
    • ガマズミ航海(『群像』2009年12月号)
  • 『ハコブネ』(2011年11月、集英社、ISBN 978-4-08-771428-9)
    • ハコブネ(『すばる』2010年10月号)
  • 『タダイマトビラ』(2012年3月、新潮社)
    • タダイマトビラ(『新潮』2011年8月号)
  • 『しろいろの街の、その骨の体温の』(2012年9月、朝日新聞出版、ISBN 978-4-02-251011-2)のち文庫
  • 『殺人出産』(2014年7月、講談社、ISBN 978-4-06-219046-6)
    • 殺人出産(『群像』2014年5月号)
    • トリプル(『群像』2014年2月号)
    • 清潔な結婚(GRANTA JAPAN with 早稲田文学01)
    • 余命(『すばる』2014年1月号)
  • 『消滅世界』(2015年12月、河出書房新社、ISBN 978-4-309-02432-5)
  • 『コンビニ人間』(2016年7月、文藝春秋、ISBN 978-4-16-390618-8)のち文庫化
    • コンビニ人間(『文學界』2016年6月号)
  • 『地球星人』(2018年8月、新潮社、ISBN 978-4103100737)
  • 『生命式』(2019年10月、河出書房新社、ISBN 978-4309028309)
  • 『半変身(かわりみ)』(2019年11月、筑摩書房、ISBN 978-4480804914)
  • 『丸の内魔法少女ミラクリーナ』(2020年2月、KADOKAWA、ISBN 978-4041084236)

エッセイ

  • 『きれいなシワの作り方〜淑女の思春期病』(2015年9月17日、マガジンハウス/2018年12月、文春文庫)
  • 『となりの脳世界』(2018年10月5日、朝日新聞出版)
  • 『私が食べた本』(2018年12月7日、朝日新聞出版)

単行本未収録作品

  • 水槽(『群像』2005年5月号)
  • 街を食べる(『新潮』2009年8月号)
  • 信仰(『文學界』2019年2月号)

出演

脚注