村田純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村田 純一(むらた じゅんいち、1948年10月25日 - )は、日本の哲学者東京大学大学院総合文化研究科名誉教授。専門は、現象学・知覚論・心身問題・科学哲学・技術哲学。

略歴[編集]

兵庫県生まれ。武蔵高等学校卒業。1972年東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。1974年同大学院理学研究科科学史専攻修士課程修了。1977-1979年西ドイツケルン大学留学、1980年東京大学博士後期課程中退、1991年東大教養学部助教授、1997年教授。2011年退任、立正大学文学部哲学科教授。2017年同大大学院文学研究科長。2019年同大定年退官。

著書[編集]

  • 『知覚と生活世界 知の現象学的理論』東京大学出版会 1995
  • 『色彩の哲学』岩波書店(双書現代の哲学)2002
  • 『技術の倫理学』丸善(現代社会の倫理を考える 第13巻)2006
  • 『「わたし」を探険する』岩波書店(双書哲学塾)2007
  • 『技術の哲学』岩波テキストブックス 2009

共編著[編集]

  • 『心理学の哲学』渡辺恒夫、高橋澪子共著 北大路書房 2002
  • 『共生のための技術哲学 「ユニバーサルデザイン」という思想』(編)未來社 2006
  • 『知の生態学的転回 第2巻 技術 身体を取り囲む人工環境』編 東京大学出版会 2013

翻訳[編集]

  • エルマー・ホーレンシュタイン『認知と言語 現象学的探究』 産業図書 1984
  • H.ロムバッハ『現象学の展望』 新田義弘共編訳 国文社 1986(アウロラ叢書)
  • アドルフ・グリュンバウム『精神分析の基礎 科学哲学からの批判』 産業図書 1996
  • エドワード・S.リード『魂から心へ 心理学の誕生』 青土社 2000