村野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村野駅
駅舎
駅舎
むらの
Murano
KH62 星ヶ丘 (0.8km)
(0.9km) 郡津 KH64
所在地 大阪府枚方市村野本町1番25号
駅番号 KH  63
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 交野線
キロ程 2.5km(枚方市起点)
電報略号 村(駅名略称方式)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,073人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
5,994人/日
-2016年-
開業年月日 1929年昭和4年)7月10日
テンプレートを表示
駅南方から

村野駅(むらのえき)は、大阪府枚方市村野本町にある、京阪電気鉄道交野線である。駅番号はKH63

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地平駅。駅舎(改札口)は私市行きホーム側にのみあり、枚方市方面行きホームには地下通路で連絡している。そのため車イス対応のスロープが私市行きホーム側のみに設置されている。

かつては東海大学付属仰星高等学校の学生専用改札もあったが、現在は一般改札(出口専用)となっている。

また平成27年2月下旬に、駅のバリアフリー化が完了した。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 交野線 上り 枚方市淀屋橋中之島線出町柳方面
2 下り 交野市私市方面

案内サインは上記の通りであるが、上り列車は枚方市駅までの運転のため、淀屋橋・中之島線方面と出町柳方面は枚方市駅で乗り換える必要がある。なお、両ホームとも有効長は5両。

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度のある特定日における1日乗降人員5,994人である。

各年度の特定日における1日乗降・乗車人員数は下表の通り。

年度 特定日 出典
乗降人員 乗車人員
2000年 6,482 3,329 [3]
2001年 -
2002年 6,287 3,217 [4]
2003年 6,350 3,231 [5]
2004年 6,183 3,152 [6]
2005年 6,208 3,180 [7]
2006年 6,142 3,146 [8]
2007年 5,943 3,049 [9]
2008年 5,980 3,060 [10]
2009年 6,006 3,086 [11]
2010年 8,094 2,823 [12]
2011年 5,731 2,910 [13]
2012年 5,664 2,885 [14]
2013年 5,621 2,861 [15]
2014年 5,558 2,839 [16]
2015年 5,819 2,949 [17]
2016年 5,994 3,073 [18]

駅周辺[編集]

駅東方に東海大学付属仰星高校があるほか、駅南東150mほど行ったところにコンビニエンスストア[19]がある。

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
交野線
普通
星ヶ丘駅 (KH62) - 村野駅 (KH63) - 郡津駅 (KH64)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

  1. ^ 出典:京阪電気鉄道開業100年記念誌『京阪百年のあゆみ』資料編144頁
  2. ^ 出典:京阪電気鉄道駅置き情報誌『K PRESS』2015年1月号16面「くらしのなかの京阪」より
  3. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  19. ^ ローソンストア100村野本町店
  20. ^ 廃小学校の校舎を利用して、NPO法人ひらかた市民活動センター・スポーツサークル活動・リサイクル工房・子育て支援広場・図書館など

関連項目[編集]