束野孝之丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

束野 孝之丞(つかの こうのじょう[1]1877年没)は、明治時代の武士薩摩藩士)、軍人。

生涯[編集]

現在の宮崎県都城市出身[1]。1877年(明治10年)、15歳で薩摩軍に参加し、西南戦争で戦死した。

熊本市北区(旧植木町)の荻迫薩軍台場跡に墓碑が建立されており、墓碑銘は「東野」と刻まれているが誤記とされている[1]。没後55年を経た1932年昭和7年)に、当時の陸軍大臣である荒木貞夫による慰霊碑が建立されている[1]

『田原坂甚句』に歌われる「美少年」のモデルとされるが、モデルは束野一人ではないともされる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 松田久彦「八女あれこれ14 「西南の役・余談」その二」 - 広報やめ(八女市役所)