来島通康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

凡例
来島通康
時代 戦国時代
生誕 永正16年(1519年)
死没 永禄10年(1567年)
氏族 来島氏
得居通幸、来島通清、来島通総

松渓妙寿(穂井田元清正室)、娘(村上武吉室)

来島 通康(くるしま みちやす、永正16年(1519年) - 永禄10年(1567年))は、戦国時代伊予武将河野氏の家臣。村上水軍(来島水軍)の大将。 来島城主。

目次

生涯

来島村上氏の第四代当主で、永正16年(1519年)に生まれた。 通康が幼い時期に府中(今の愛媛県今治市)で正岡氏、重見氏といった有力者の反乱が続き、これらの鎮圧にあたった来島氏は府中方面の最有力者となる。

1541年(天文10年)には河野一族の聖地・大山祇神社がある大三島が大内水軍によって襲撃を受けた。河野通直の命を受けた来島通康は配下の得居・平岡・今岡らの水軍衆を率いて出陣。能島村上氏の援軍も得て、神官・大祝氏らとともに大内水軍を撃退させた。この一件もあり、河野氏の当主・河野通直に厚く信任され、その娘婿の一人として迎えられた。また、河野氏の家督継承問題が起きた時には、通直からの強い推薦もあり、河野氏の家督継承者として選ばれたが、河野氏の直系を推す河野氏家臣の襲撃を受けた。居城の来島城を攻撃されたが、守り抜き、河野氏家臣と和睦。後継者とはなれなかったが、河野姓を名乗ることを許された。

また、周防大内氏の水軍が伊予に度々侵攻してきたが、これを毎回のように撃退した。通直と子の河野晴通の間に争いが起こった際には通直の側についた。

河野通宣の代になると河野氏の内政、外交、軍事の各方面での中心的役割を果たす。

弘治元年(1555年)、毛利元就陶晴賢厳島にて戦った際(厳島の戦い)は、旗下の水軍を率いて毛利軍の援軍として参陣した。その後も元就に積極的に協力し、対大内、大友氏戦で水軍衆を率いて活躍した。河野氏が宇都宮豊綱と戦った際には、元就は厳島の戦いへの来援への恩義から伊予への援軍を派遣している。

永禄10年(1567年)、宇都宮氏との戦いの最中、急病となり、湯築城へと戻るも、そのまま回復することなく死去した。この直前に毛利元就に河野氏への支援を依頼しており、通康の死の直後、毛利軍は小早川隆景を中心とした軍勢を伊予国に上陸させ、宇都宮豊綱を打ち破った(毛利氏の伊予出兵)。通康は死してもなお河野氏を守ったのである。

逸話

重見氏との戦いにて、敵将に槍で鎧に穴が残る程の攻撃を受けたが、逆にその敵将を討ち取った、味方の古河内氏が敵将に首を取られたと聞くと敵陣にとって返して首を奪い返した、宇和島合戦では率先して敵陣に突入して勇名を馳せた、など水上のみならず、陸上戦でも武勇伝が多く残っている。

家臣団

  • 村上吉継 伊予甘崎城主
  • 村上吉郷
  • 原興生

関連項目

今日は何の日(7月17日

もっと見る