来島長親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
来島 長親
Kurushima Nagachika.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 慶長17年3月15日1612年4月15日
改名 通親→長親→康親
官位 従五位下、右衛門佐
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
豊後国森藩
氏族 来島氏
父母 父:来島通総、母:平賀隆宗の娘
兄弟 通則、長親
正室:玄興院福島高晴の娘、福島正則養女)
久留島通春、娘(津田某室)、娘(星合具牧室)

来島 長親(くるしま ながちか、天正10年(1582年)- 慶長17年3月15日1612年4月15日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての大名豊後森藩初代藩主。

生涯[編集]

慶長2年(1597年)、父の通総が慶長の役で戦死したため、家督を継いだ。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍に属し所領を没収された。しかし妻の伯父である福島正則の取りなしにより本多正信を通じ、慶長6年(1601年)に江戸幕府より豊後国の内陸部、森(大分県玖珠郡玖珠町)に1万4,000石を与えられた。これには、知己の大坂商人よりの口添えもあったといわれている。また、名を康親(やすちか)と改めた(将軍徳川家康からの一字拝領とみられる)。飛び地として大分湾に頭成港を領したものの、大半は海に属さない領地であり、水軍としての来島氏はこれで終焉した。慶長17年(1612年)に病没した。享年31。

来島氏は長親の長男・通春の時代の元和2年(1616年)に姓を久留島と改め、明治時代まで存続した。明治から昭和にかけての童話作家久留島武彦は末裔にあたる。