来遠橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
現在も残る来遠橋。

来遠橋(らいえんばし、ベトナム語: Lai Viễn Kiều / 來遠橋)、または日本橋(にほんばし、ベトナム語: Cầu Nhật Bản / 橋日本)とは、ベトナムホイアン旧市街にある石橋である。

概要[編集]

旧市街地そのものが世界文化遺産である、ベトナム・クアンナム省のホイアン旧市街、チャンフー通りとグエン・チ・ミンカイ通りを結ぶ場所に位置する。幅3m、長さ18mの瓦屋根付きの太鼓橋で、1593年日本人が橋を架け、当時の日本人町中華街を結んでいたとされる。現代のベトナム語では Chùa Cầu(橋寺)とも呼ばれ、その名が示す通り、橋の中に祠が設けられている。

橋の名前は、1719年広南国王の阮福淍ベトナム語版論語の「朋あり遠方より来たる、また楽しからずや」から名付けたとされる。申年に建築が始まり戌年に終わったことから、橋の両端には申と戌の木像がある。

世界遺産ホイアンの観光名所として、橋の中央部にある祠への入場は有料チケット制となっているが、橋の通行のみであれば無料である。橋の入り口には高さのある敷居が設置されており、自動車シクロの通行は出来無いが、自転車オートバイなら引いての通行が可能であり、現在でも市民が日常生活に利用している。

歴史[編集]

ホイアンは16世紀半ばより、広南国の外港として日本・中国・ポルトガルなどの各国との貿易で栄えた。特に日本は、鎖国政策が始まるまでに発行された354通の朱印状のうち、1/4にあたる86通がホイアンとの貿易を許可するものであった程に交易が盛んであり[1]、多くの日本人が居住していた。

しかしその後は日本の鎖国政策、オランダ商館の閉鎖、清朝台湾鄭氏遷界令西山党の乱などの人的要因と、トゥボン川(秋盆江)の堆積による自然要因で、19世紀には、その地位をダナンに譲り、街も衰退した。しかしそれゆえに、ホイアンはベトナム戦争の戦火を生き延びた。

現在の来遠橋は、1986年に修復されたものである[2]

文化[編集]

2006年発行の2万ドン紙幣の裏面には、来遠橋が描かれている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 伊藤千尋. 観光コースでないベトナム 歴史・戦争・民族を知る旅. 高文研. pp. 131-133. ISBN 4-87498-167-4. 
  2. ^ Lonely Planet Vietnam PDF e-book 12th editioin. Lonely Planet Publications Pty Ltd.. p. 198. ISBN 978-1-74220-582-3. 

座標: 北緯15度52分38秒 東経108度19分33秒 / 北緯15.877119度 東経108.32578度 / 15.877119; 108.32578