東シベリア経済地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東シベリア経済地区の位置

東シベリア経済地区 (ロシア語: Восто́чно-Сиби́рский экономи́ческий райо́н, Vostochno-Sibirsky ekonomichesky rayon)はロシアの12の経済地区の1つ。

主要都市はクラスノヤルスクイルクーツクウラン・ウデチタで、全てシベリア鉄道沿いに発展した。支線はウラン・ウデからモンゴル北京に達する。ブラーツク、クラスノヤルスク、イルクーツクには水力発電所がある。石炭黒鉛鉄鉱石アルミニウム亜鉛が採掘される。[1]

2010年の人口は816万人。

行政区画[編集]

社会経済指標[編集]

2008年の国内総生産の4%を占める。この人口密度の低い地域は賃金水準が高く、新民間セクターの割合が比較的高い。ロシアの中では生産性が高い。移住者が少なく人口変化も小さく、更に平均寿命が短い。[2]

脚注[編集]