東三河ふるさと公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東三河ふるさと公園
Higashi-mikawa Furusato Park
FurusatoPark Shukeiteien.jpg
修景庭園
東三河ふるさと公園の位置(愛知県内)
東三河ふるさと公園
分類 都市公園(広域公園)
所在地
愛知県豊川市御油町滝ケ入11-2
座標 北緯34度50分19.18秒 東経137度18分30.18秒 / 北緯34.8386611度 東経137.3083833度 / 34.8386611; 137.3083833座標: 北緯34度50分19.18秒 東経137度18分30.18秒 / 北緯34.8386611度 東経137.3083833度 / 34.8386611; 137.3083833
面積 124.3ha(計画174.8ha)
開園 2006年(平成18年)3月25日
運営者 愛知県(指定管理者:公益財団法人愛知県都市整備協会)
駐車場 あり
公式サイト 東三河ふるさと公園
テンプレートを表示
展望ツツジ園にある展望台

東三河ふるさと公園(ひがしみかわふるさとこうえん)は、愛知県豊川市にある県営の都市公園(広域公園)である[1]。豊川市の御油町・国府町・御津町金野・御津町豊沢にまたがる形で公園が広がっており、遊歩道が整備されている。

概要[編集]

国府駅前にある園内案内図

当公園は2006年3月25日に、愛知県では11番目の県立公園として開園した。東三河の歴史、自然、文化を紹介するというコンセプトでいくつかのゾーンから構成されている。

当公園は地域住民の憩いの場にもなっており、公園内をのんびりと散歩する人や、弁当などを食べる家族連れ、遊具で遊ぶ子どもたちなどが多く見受けられる。また、豊川市内の学校の遠足のコースになっている。

園内各所には園内マップが設置されているが、これは名鉄名古屋本線豊川線国府駅の前にも設置されている。

各ゾーンにはトイレ自動販売機が設置されており、園路も整備されているため、休日などに気軽に訪れることができる。

主な施設[編集]

修景庭園[編集]

修景庭園は東三河地域の自然や歴史、文化を紹介するゾーンである。三河湾をかたどったがあるほか、水路で豊川(とよがわ)を表現している。

池には竹島をイメージした島があり、陸とは通路で繋がっている。島にはベンチが設置されている(ベンチは池の周りにも多数ある)。

三河郷土の谷[編集]

東三河地域の植物をビオトープで紹介している。

三河遊び宿[編集]

2007年4月現在、公園の東端に位置する施設である。ここは東海道宿場町をテーマにした施設で、遊具や大きな滑り台などがあり、子どもに人気のある場所である。

親子連れが多く、子どもが遊具で遊んでいる間、母親などは親同士でおしゃべりしている、という光景がよく見られる。

トイレ・自販機あり。

三河山野草園[編集]

修景庭園と展望ツツジ園の中間にある山野草園。山野草や薬草などが多数植えられている。また、眼下には豊川市西部の景色が広がる。

トイレあり。

ピクニック園地[編集]

頂上付近にある広場。滑り台やアスレチックなどの遊具がある。

トイレあり。

展望ツツジ園[編集]

遠見山(二等三角点「豊沢村」:194.4m)山頂にある広場で、展望台が設置されている。また、展望台周辺にはツツジがある。展望台からは豊川市中心部や旧御津町、豊橋市などの景色を眺めることができる。

トイレ・自販機あり。

管理棟[編集]

管理棟には公園の管理事務所や研修室、トイレ、自販機などがある(売店はない)。 建物は宿場町にある家のようなデザインである。

歴史[編集]

なお、この場所には、以前は遠見山キャンプ場(豊川市野外教育センター)というものがあり、豊川市内の小学校の野外学習に利用されていた。現在は愛知県設楽町にある「きららの里」で行われている(ここも豊川市の施設である)。

アクセス[編集]

御油町側(北側)[編集]

御津町側(南側)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]