東予市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
とうよし
東予市
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 新設合併
西条市、東予市小松町丹原町
→ 新・西条市
現在の自治体 西条市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
面積 73.89km2.
総人口 33,438
(2004年8月31日)
隣接自治体 西条市今治市
越智郡玉川町朝倉村(現今治市)
周桑郡小松町丹原町(現西条市)
市の木 くすのき
市の花 ツツジ
東予市役所
所在地 799-1394
愛媛県東予市周布349番地1
座標 北緯33度55分31.4秒 東経133度5分1.2秒 / 北緯33.925389度 東経133.083667度 / 33.925389; 133.083667座標: 北緯33度55分31.4秒 東経133度5分1.2秒 / 北緯33.925389度 東経133.083667度 / 33.925389; 133.083667
 表示 ウィキプロジェクト

東予市(とうよし)は、愛媛県東予地方にあったである。

市名の由来[編集]

合併による新市の名を検討するなかで、合併・誕生当時は東予新産業都市(新産都)の開発が進んでいた時期であり、用地に恵まれた東予市には工場が多数立地し、人口も増えて、将来的には「東予地域」の中でも中核的地域になるのではないかとの期待もあり、そうした夢も込めて「東予市」としたとされている。原地名の壬生川が難読であったことも一因である。

東予は本来、「伊予」の「東」という意味で、東予市を含む、愛媛県東部一帯の広い地域域を表現する名称である。具体的な市町村としては、東は川之江市(合併し四国中央市)から西は周桑郡丹原町(同じく西条市)や越智郡菊間町(同じく今治市)までの広い地域である。

合併により、自治体としての「東予市」は消滅したが、港名は東予港であり、カーフェリーも発着している。その意味では「東予」という地名は地図上に確かに残っているといえる。(なお、「東予」という駅はない。特急停車駅は壬生川駅。)

歴史[編集]

※これ以前の歴史は壬生川町(にゅうがわちょう) 、三芳町(みよしちょう)の記事を参照のこと。また、2町の成立以前の旧村の記事も参照のこと。

行政[編集]

歴代市長

  • 初代 河上辰男(昭和47年10月 - 5期)
  • 第2代 青野照雄(平成3年2月 - 1期)
  • 第3代 青野勝(平成7年2月 - 合併まで、3期)
平成の市町村合併の経緯
今治市西条市に挟まれる形となっている東予市としては、周桑郡の2町(丹原町小松町)とともに1市2町での合併という選択肢もありえたが、小松町が早々と西条市とともに合併する方針を明らかにし、丹原町も同調する動きを見せたので、東予市もより大きな市となって行政力を高め、四国中央市新居浜市、今治市に伍していくという観点から、これに合流した。合併協議の過程では、市庁舎が西条市庁舎に決定し、新市名も「西条市」となるなど、旧:西条市のペースでことが進むのに心情的に反発したり、「東予市」あるいは「東予」という地名がなくなってしまうことを惜しむ声もあった。
なお、新居浜市も含めた大東予市的な構想は新居浜市が積極的に推進する姿勢を見せず、また西条市も乗り気を見せず、将来の課題として扱うこととなった。

経済[編集]

工業[編集]

商業[編集]

電力業[編集]

地域[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

有料道路[編集]

国道[編集]

県道[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]