東亜同文書院大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東亜同文書院
創立 1901年
(1939年大学昇格)
所在地 中国・上海
初代校長 根津一
廃止 1945年
後身校 (愛知大学)*参照
同窓会 滬友会

東亜同文書院(とうあどうぶんしょいん)は、1901年明治34年)に東亜同文会近衛篤麿会長)により中国に設立された日本人のための高等教育機関日本人が海外に設立した学校の中でも古いもののひとつ。

目次

概要

1901年(明治34年)5月26日、上海に設立される。当初は政治科と商務科がおかれ、一時は農工科、中国人対象の中華学生部も設置されていた。1921年(大正10年)には専門学校令による外務省の指定学校となり、1939年(昭和14年)12月には大学令によって東亜同文書院大学に昇格し、予科、続いて学部が設置された。1943年(昭和18年)には専門部が付設された。

1945年(昭和20年)8月、日本の敗戦に伴い、閉学となった。

卒業生・教職員などにより同窓会「滬友会」(こゆうかい。”滬”は上海の別称)が組織されている。

沿革

  • 1901年 東亜同文書院設立(政治科、商務科。修業年限3年)。
  • 1907年 政治科募集停止。
  • 1914年 農工科設置。
  • 1918年(大正7)3月 中華学生部設置決定(修業年限は予科1年・本科3年。尚、学生の受け入れは1920年(大正9)9月から)。10月支那研究部設置。
  • 1920年 農工科募集停止。
  • 1921年 専門学校令による外務省指定学校となる(修業年限4年)。
  • 1931年(昭和6)8月 中華学生部募集停止。 
  • 1934年 中華学生部第10回生卒業。在校生も退学乃至他学校へ転入学し、中華学生部消滅。
  • 1939年 大学令による東亜同文書院大学に昇格。予科を新設(修業年限2年)。
  • 1941年 学部を新設(修業年限3年)。
  • 1942年 最後の東亜同文書院在学生が卒業し東亜同文書院大学に完全移行。
  • 1943年 専門部を付設(修業年限3年)。
  • 1945年 国民政府に学校設備を接収される。

歴代院長・学長

院長

学長

建学の精神

初代院長の根津一は創立にあたって「興學要旨」と「立教綱領」を定めている。興學要旨に「中外の實學を講じ、中日の英才を教え、一つは以って中國富強の本を立て、一つは以って中日揖協の根を固む。期するところは中國を保全し、東亞久安の策を定め、宇内永和の計をたつるにあり」とし、立教綱領に「徳教を經となし、聖賢經傳により之を施す。智育を緯とし、中國学生には日本の言語、文章と泰西百科實用の學を、日本學生には、中英の言語文章、及び中外の制度律令、商工務の要をさずく。期するところは各自通達強立、國家有用の士、当世必需の才を為すに有り」としたことは、儒教的な実用主義的立場が重視されていたことを示す。東亜同文書院では儒教の経学を道徳教育の基礎にすえているし、簿記などの実用的な学問を重視している。

校地の変遷

  • 1901年5月 上海の高昌廟桂墅里(クイシュリ)校舎にて開校。
  • 1913年(大正2) 9月第二革命の戦禍で桂墅里校舎が焼失。長崎県大村仮校舎に一時移転。10月上海赫司克而路(ハスケルロ)仮校舎に移転。
  • 1917年4月 上海徐家匯虹橋路に新校舎竣工、移転。
  • 1937年10月 第二次上海事変で虹橋路校舎は中国側に接収、長崎仮校舎に移転。
  • 1937年11月 虹橋路校舎が中国軍の放火により焼失。
  • 1938年 上海海格路(ハイコーロ)の旧交通大学の施設を借用して授業再開。
  • 1945年 戦局悪化で渡航不能となった新入生のため富山市の旧呉羽紡績の建物の一部を呉羽分校校舎として借用。
  • 1945年9月 海格路校地が中華民国政府に接収。

校史トピックス

設立前史

岸田吟香の援助を受け漢口で活動していた荒尾精は、1890年に中国貿易実務者を養成するための「日清貿易研究所」を上海に設立した。 しかし同所は1894年日清戦争勃発のため閉鎖を余儀なくされ、荒尾は1896年に死去した。 戦争終結後の1898年東亜同文会が設立されると、その会長近衛篤麿は日清貿易研究所に範をとる「南京同文書院」を設立、荒尾の同志であった根津一を院長とした。しかし同校が義和団事件により存続不能に陥ると、1901年、上海で新たに根津を院長とする東亜同文書院が設立され、南京同文書院はこれに統合された。

「大旅行」

1902年外務省から根津一院長に対し、中国西北地方におけるロシア勢力の浸透状況についての調査が要請され、根津は第2期卒業生の5人を現地調査に派遣した。彼らの報告書に対し外務省から支払われた謝礼金を基金として、5期生以後は卒業論文のための中国調査旅行、すなわち「大旅行」が制度化されることとなった。学生たちは数名から5・6名のチームを組んで各地へ3ヶ月から半年までの旅行をし、その範囲は中国本土にとどまらず東南アジアにも及んだ。彼らが収集した地域情報をもとに1915年から1921年にかけて『支那省別全誌』全18巻が刊行され、1918年に研究所として「支那研究部」が新設されると、大旅行はいっそう組織的に実施されるようになった。しかし末期には日本軍が学生に対し情報提供を依頼するケースもあり、これらの事情があいまって大旅行を「スパイ活動」と見なす中国側の疑惑を呼んだとする見方もある。

学生運動

1930年秋、安斎庫治(27期生)は学内に共青団(中国共産党の青年組織)支部を組織、朝日新聞上海総局に勤務していた尾崎秀実と連携しつつ学生運動の中心的指導者となった。さらに彼は中共党員の王学文が指導していた「日支闘争同盟」にも参加し、日本海軍艦船の兵士・乗組員に対する反戦宣伝活動に従事した。この組織には安斎のみならず西里龍夫(26期生)・中西功(29期生)など多くの現役書院生および出身者が参加していたが、同年末上海総領事館警察による弾圧で書院生8名が検挙され同盟は壊滅した。翌1931年春、出獄・復学した中西らにより共青団が再建、同年末には「対支非干渉同盟」が組織され、満州事変から上海事変へと動く情勢のもとで、中共に入党した書院生を中心に反戦運動が進められた。しかし1932年3月には総領事館警察によって書院生19名が再び検挙され、東亜同文書院における反戦運動は終焉した。

愛知大学との関係

東亜同文書院(大学)は、その閉鎖後に設立された愛知大学とは、系譜的にまったくの別の法人(組織)であるが、愛知大では「生みの親」「前身校」として、その関連性を強調している。その詳しい経緯については以下に述べる。

敗戦にともない東亜同文書院大学は廃校になり、経営母体の東亜同文会も解散を余儀なくされた。その後、残務整理を経て上海から引き揚げてきた本間喜一学長などの関係者は、1946年5月、旧学生・教職員を収容する新大学を国内に設立することを決定した。

しかし設立にあたって、GHQが東亜同文書院大学そのままの大学では認可できないと条件をつけたため、旧書院側は「新大学は東亜同文書院とは無関係」との声明をよぎなくされた。そして京城帝国大学台北帝国大学を含め「外地の学校から引き揚げた学生・教職員を収容する大学」との位置づけで46年11月に愛知大学(この時点では旧制大学)が設立された。(この際に東亜同文会旧蔵の霞山文庫の受け入れがなされている)

設立時の学生・教職員の大半は東亜同文書院関係者で占められ、初代学長には東亜同文会理事の林毅陸(前慶應義塾大学塾長)が、ついで第2~4代学長にはかつての東亜同文書院大学教授が就任した。すなわち本間喜一(第2・4代)および小岩井浄(第3代)である。東亜同文書院時代に着手された『中日大辞典』編纂事業も愛知大に引き継がれた。さらに東亜同文会を継承する霞山会と愛知大は理事の相互就任など密接な関係を有してきた。

1991年独立大学院「中国研究科」新設、1993年には学内に「東亜同文書院大学記念センター」を設立して東亜同文書院関係資料の受け入れを進めている。

著名な出身者

関連項目

関連書籍

  • 滬友会 『東亜同文書院大学史』 1955年
  • 大城立裕 『朝、上海に立ちつくす;小説東亜同文書院』 中公文庫1988年、ISBN 4122015235
  • 尾崎秀樹 『上海1930年』 岩波新書1989年、ISBN 4004300991
  • 滬友会(編) 『上海東亜同文書院 大旅行記録―実録 中国踏査記』 新人物往来社 1991年、ISBN 440401872X
  • 愛知大学東亜同文書院大学記念センター 『東亜同文書院大学と愛知大学』(第1集~第4集) 六甲出版、1993年-1996年、ISBN 4947600535 ISBN 4947600578 ISBN 4947600632 ISBN 4947600772
  • 栗田尚弥 『上海 東亜同文書院―日中を架けんとした男たち』 新人物往来社1993年 ISBN 4404020775
  • 竹内好「東亞同文會と東亞同文書院」『日本とアジア』ちくま学芸文庫1993年、ISBN 4480081046
  • ピーター・ドウスほか(編) 『帝国という幻想;「大東亜共栄圏」の思想と現実』 青木書店1998年、ISBN 4250980057
    • 東亜同文書院に関する論考2篇を収録。
  • 西所正道 『「上海東亜同文書院」風雲録;日中共存を追い続けた5000人のエリートたち』 角川書店2001年、ISBN 4048836684
  • 小島晋治ほか(編) 『20世紀の中国研究;その遺産をどう生かすか』 研文出版、2001年、ISBN 4876361991
    • 藤田佳久「東亜同文書院の中国研究」を収録。
  • 『東亜同文書院大旅行誌』(2006年)発行:愛知大学 制作・発売: 雄松堂出版

今日は何の日(7月16日

もっと見る

「東亜同文書院大学」のQ&A