東京の名湧水57選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

東京の名湧水57選[注釈 1](とうきょうのめいゆうすいごじゅうななせん)は、「湧水への関心を高め、その保護と回復を図る」ことを目的に、「水量、水質、その由来、景観などに優れた湧水等」を、一般からの推薦に基づき、東京の名湧水選定委員会の検討によって東京都環境局が選定し、2003年1月24日に公表した、東京都内57か所の湧水の総称[1][2]

背景[編集]

東京都では、武蔵野台地の末端部にある崖線沿いや、多摩丘陵の谷戸などの湧水が、都市化の影響などで枯渇や水質悪化が進んでおり、1995年度に確認されていた653か所の湧水のうち、2000年度の調査時には70か所が消失していた[3]。そこで、湧水への一般の関心を高めることをおもな狙いとして、名湧水の選定事業が2012年9月から取り組まれた[3]

有識者からなる東京の名湧水選定委員会は、高村弘毅を座長とし、小倉紀雄、児玉清早川光、百瀬千秋、渡辺泰徳の6名で構成された[1]

名湧水の条件[編集]

選定委員会は、公表された「選定の考え方」の中で、

  • 区市町村、ないし、都民からの推薦
  • 水量や水質、また、由来や景観などにおいて優れていること
  • 一般公開されているもの

を選定の前提としたことを述べている[1]。このため、公開に制限があることを理由として選定から外れた湧水もあった[1]。一方、飲用の可否は基準には含まれておらず、飲用に適することを保証するものではない[4]

一覧[編集]

番号 名称 所在地 注記
1 柳の井戸 港区元麻布1-6善福寺前 善福寺参道にあり、空海(弘法大師)との由縁が伝えられる。
2 おとめ山公園 新宿区下落合2-10
3 関口芭蕉庵 文京区関口2-11-31
4 目黒不動尊 目黒区下目黒3-20-26 瀧泉寺
5 田園調布せせらぎ公園 大田区田園調布1-53-10
6 清水窪弁財天 大田区北千束1-26 洗足池の源泉のひとつ。洗足池までは、暗渠となっている[5]
7 六郷用水 大田区田園調布本町39
8 六郷用水沿い洗い場跡 大田区田園調布本町25
9 等々力渓谷等々力不動尊 世田谷区等々力1-22先 かつて修行が行なわれていた滝もある。
10 烏山弁天池 世田谷区北烏山4-30 特別緑地保全地区、世田谷区指定特別保護区
11 岡本静嘉堂緑地 世田谷区岡本2-23 岩崎弥之助邸の敷地内にあり、台地上には静嘉堂文庫がある。
12 清正の井 渋谷区代々木神園町1 明治神宮の森を水脈源とする。加藤清正が掘ったとする伝説がある[6]
13 善福寺川御供米橋下流 杉並区大宮2-24 大宮八幡宮に近い。
14 赤羽自然観察公園 北区赤羽西5-2-34 自衛隊十条駐屯地赤羽分屯地跡の一部。
15 不動の滝 板橋区赤塚8-11
16 清水山憩いの森 練馬区大泉町1-6
17 叶谷榎池 八王子市叶谷町1079 湧水点付近に大榎がある。
18 子安神社 八王子市中野山王2-23
19 六本杉公園 八王子市子安町2-22 八王子八十八景の「水辺の景」のひとつ。
20 片倉城跡公園 八王子市片倉町2475 片倉城跡。八王子八十八景の「みどり・公園の景」のひとつ。
21 小宮公園 八王子市暁町2-41-6 八王子八十八景の「みどり・公園の景」のひとつ。
22 矢川緑地 立川市羽衣町3-26 緑地保全地区
23 野川公園 三鷹市大沢 国際基督教大学ゴルフ場跡。
24 岩清水(小澤酒造) 青梅市沢井2-770 19世紀半ばに発見され、その後、岩盤を140メートルほど掘り進んだ横井戸が設けられ、日本酒醸造の仕込み水などとして使用されている[7][8]
25 西府町湧水 府中市西府町1-43
26 諏訪神社 昭島市宮沢町2-32-12 石段脇の崖から湧水がある[9]
27 龍津寺 昭島市拝島町5-2
28 深大寺不動の滝 調布市深大寺元町5-15-1
29 貫井神社 小金井市貫井南町3-8
30 滄浪泉園 小金井市貫井北町3-2-28 波多野承五郎別邸。
31 はけの森美術館 小金井市中町1-11-3 中村研一の作品を中心とする美術館。敷地内に湧水がある[10]
32 黒川湧水 日野市東豊田3-16-1[11] 黒川清流公園[11]
33 中央図書館下湧水 日野市豊田2-49
34 小沢緑地 日野市三沢2-15
35 姿見の池 国分寺市西恋ヶ窪1 国分寺姿見の池緑地保全地域
36 新次郎池 国分寺市南町1-7 東京経済大学校地内。1966年に湧水をせき止めて造られた池であり、名称は北沢新次郎に由来する[12]
37 殿ヶ谷戸庭園 国分寺市南町2 江口定条岩崎彦弥太別邸。国指定の名勝
38 お鷹の道・真姿の池湧水群 国分寺市東元町3、西元町1 名水百選のひとつ。
39 ママ下湧水群 国立市矢川3-15
40 常盤の清水(谷保天満宮 国立市谷保5209 湧水の流れ込む弁天池のそばにはアジサイ園がある[13]
41 清岩院 福生市福生507
42 湖畔ビオトープ 東大和市湖畔2-1044-219外 湖畔第二緑地
43 二ツ池公園 東大和市湖畔3-1085 前川の源流。
44 南沢緑地 東久留米市南沢3-9 落合川と南沢湧水群」として、平成の名水百選のひとつ[14]
45 竹林公園 東久留米市南沢1-7
46 黒目川天神社 東久留米市柳窪4-15 黒目川の源流。
47 龍の入不動尊 武蔵村山市三ツ木5-9-5 白糸の滝」と称される湧水。
48 穴澤天神社 稲城市矢野口3292
49 威光寺 稲城市矢野口 2017年1月現在、閉鎖中[15]
50 二宮神社 あきる野市二宮1189
51 八雲神社 あきる野市野辺316-1
52 祥安寺の清泉 奥多摩町境341 「境の清泉」とも。「奥多摩 天然水」として商品化された[16][17]
53 獅子口の湧水 奥多摩町大丹波字曲ヶ谷511
54 釜の水 奥多摩町小丹波オタキ下191
55 多幸湧水 神津島村榎木が沢
56 つづき湧水 神津島村字宮塚山69
57 大島分川 御蔵島村字川田

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 新聞等では「東京の名湧水五十七選」と表記されることもある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 東京の名湧水57選選定基準 東京都環境局 2003年1月24日 - ウェイバックマシン(2011年2月15日アーカイブ分)
  2. ^ “東京の名湧水57選決まる”. 読売新聞・東京朝刊・多摩: p. 31. (2003年1月25日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  3. ^ a b “東京の名湧水選定へ 都がきょう委員会開催”. 読売新聞・東京朝刊・多摩: p. 32. (2002年9月13日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  4. ^ 東京の名湧水57選”. 東京都環境局. 2014年1月10日閲覧。
  5. ^ 堀越正光 (2012年3月28日). “(東京物語散歩:217)光瀬龍『夕ばえ作戦』 東急大岡山駅周辺”. 朝日新聞・東京朝刊・都区内: p. 28  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ 明治神宮の自然・みどころ 清政井”. 明治神宮. 2014年1月10日閲覧。
  7. ^ “小澤酒造(タダナビ 無料お楽しみスポット)”. 朝日新聞・夕刊: p. 6. (2004年12月15日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  8. ^ 事業紹介”. 小澤酒造. 2014年1月10日閲覧。
  9. ^ “湧水、枯れ気味でも涼 昭島の諏訪神社”. 朝日新聞・東京朝刊・多摩: p. 31. (2004年8月5日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  10. ^ はけの森美術館”. はけの森美術館. 2014年1月10日閲覧。
  11. ^ a b 伊藤隆太郎 (2017年7月11日). “eco活プラス 身近に湧き水、楽しもう 東京にも57選、学べる歴史や地形”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 7面 
  12. ^ 大西史晃 (2007年4月30日). “(お宝発見)タヌキも憩う新次郎池 東京経済大”. 朝日新聞・朝刊: p. 21  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  13. ^ “アジサイ、全国から寄贈1000株 国立・谷保天満宮”. 朝日新聞・東京朝刊・多摩: p. 33. (2009年6月18日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  14. ^ “東久留米「落合川と南沢湧水群」、「平成の名水百選」に 環境省が発表”. 朝日新聞・東京朝刊・東京西部: p. 27. (2008年6月5日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  15. ^ No.49 威光寺(稲城市)”. 東京都環境局 (2018年2月9日). 2021年4月23日閲覧。
  16. ^ “住民も観光客も愛飲、奥多摩の天然水 三セクが商品化”. 朝日新聞・東京朝刊・東京都: p. 30. (2005年11月19日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  17. ^ 奥多摩天然水のご紹介”. 奥多摩総合開発. 2014年1月11日閲覧。