東京シティ・バレエ団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京シティ・バレエ団は日本のバレエ団。東京都江東区住吉の江東区児童会館内に本部を置いている。長らく調布市調布駅近くに本部があった。定期公演は主にティアラこうとう(江東区公会堂)において年4演目行い、他にも多く公演を行っている。

1968年に日本初の合議制を採るバレエ団として創立された[1]。創立以来、古典バレエだけでなく、創作バレエにも力を入れている[1][2]。学校へのアウトリーチなどにも力を入れており、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団とともに活動することもある[1][3]

日本での最大手バレエ団(東京バレエ団松山バレエ団牧阿佐美バレエ団)に次ぐ規模を誇る。多くの系列バレエ教室を持ち、海外公演を行うこともある。

歴史[編集]

理事[編集]

  • 理事長 安達悦子 (長らく石井清子が理事長を務めた。)
  • 理事 金井利久、中島伸欣、小林洋壱
  • 評議員 石井清子、橋本洋、渡邊洋子、鳥海壮宜、長谷川孝男

振付[編集]

石井清子、中島伸欣、石田種生、金井利久、安達悦子、他

レパートリー[編集]

など。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 東京シティ・バレエ団について”. 東京シティ・バレエ団. 2018年2月5日閲覧。
  2. ^ レオ・ムジックの新作「死と乙女」で飛躍する東京シティ・バレエ団”. 産経ニュース. 産経デジタル (2015年2月8日). 2018年2月5日閲覧。
  3. ^ 「東京シティ・バレエ団」安達悦子さん、「橘秋子賞特別賞」受賞”. 深川経済新聞. さらまわし・どっと・こむ (2016年6月21日). 2018年2月5日閲覧。