トヨタモビリティ東京スパークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
トヨタモビリティ東京スパークル
原語表記 トヨタモビリティ東京スパークル
ホームタウン 東京都
創設年 1994年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION3
チーム所在地 東京都港区
代表者 井上博巳
監督 伊藤優介
ホームページ 公式サイト
 表示 

トヨタモビリティ東京スパークル(TOYOTA Mobility Tokyo Sparkle)は、東京都を本拠地とするトヨタモビリティ東京の男子バレーボールチームである。2020-21シーズンはV.LEAGUE DIVISION3(V3リーグ)に所属。

概要[編集]

1994年、東京都港区東京トヨペット(現在はトヨタモビリティ東京に統合)社内にて、バレーボール好きが集まり創部された[1]。2008年V・チャレンジリーグ昇格。

チーム名「スパークル」は、英語で閃光、輝き、きらめきの意味を持ち、チームに溢れんばかりの輝きをという願いが込められている[2]。東京トヨペット時代は、当時のコーポレートカラーでもある「グリーン」を環境に優しいイメージとしてつけて「グリーンスパークル」だった。

事務局はトヨタモビリティ東京本社であり[2]、ホームゲームは都内の体育館などで開催される。

歴史[編集]

1994年に東京トヨペット社内で創部。1998年から本格的に強化を開始[1]

1999年より地域リーグに参加。2001年の第21回大会では、東部リーグで準優勝、プレーオフでも準優勝を果たし、V1リーグ出場決定入替戦に出場。入替戦では連敗して昇格はならなかった。2003年の第23回大会、翌年第24回大会でも東部リーグで準優勝を果たすが、プレーオフでは3位となり昇格ならず。2005年の第25回大会でも東部大会で準優勝を果たし、プレーオフでも準優勝を果たすが、入替戦でトヨタ自動車に連敗し、またも昇格ならず。しかし、2008年の第28回大会でプレーオフで準優勝を果たし、V・チャレンジリーグのチーム数増加に伴い、自動昇格となった。

初参戦となった2008/09V・チャレンジリーグは11戦全敗。2009/10大会では初勝利を挙げるも最下位(11位)。

2010年、チーム愛称が「グリーンスパークル」になる。

2010/11・チャレンジリーグでは2勝するが最下位に終わった。以降も最下位を抜け出せずにいる。2014/15V・チャレンジリーグでも12位となり、2015/16シーズンから始まったV・チャレンジリーグIIへ組み込まれた。

2018年、新生V.LEAGUEにて3部のDivision3(V3リーグ)に在籍することとなった。V.LEAGUEライセンスはS3を取得[3]

2019年4月、東京トヨペットがトヨタ東京販売ホールディングスなどとの合併によりトヨタモビリティ東京に変わったためこのチーム名もトヨタモビリティ東京スパークルに変更[4]

2020-21シーズン、新型コロナウイルス感染症流行の影響を考慮して、V3リーグ出場を辞退した[5][6]

成績[編集]

主な成績[編集]

V.LEAGUE Division3
チャレンジリーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績[編集]

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
チャレンジ 2008/09 12位 12チーム 12位 11 0 11 -
2009/10 11位 11チーム 10位 14 1 9 4 0 4
2010/11 11位 11チーム 11位 16 2 14 -
2011/12 11位 11チーム 11位 14 1 9 4 0 4
2012/13 11位 11チーム 11位 20 1 19 -
2013/14 11位 11チーム 11位 20 0 20 -
2014/15 12位 12チーム 12位 22 0 22 -
チャレンジII 2015/16 7位 7チーム 7位 18 2 16 -
2016/17 8位 8チーム 8位 21 0 21 -
2017/18 10位 10チーム 10位 18 0 18 -

V.LEAGUE[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
DIVISION3 2018-19 6位 6チーム 6位 20 2 18 -
2019-20 4位 4チーム 4位 15 1 14 -
2020-21 - 4チーム 出場辞退 -

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 岩阪健太郎 IWASAKA 日本の旗 日本 MB 主将
2 為我井太也 DAIYA 日本の旗 日本 S
4 西河孝太 NISHIKAWA 日本の旗 日本 OH
5 峰尾拓 MINEO 日本の旗 日本 L
6 大貫智博 OHNUKI 日本の旗 日本 MB
7 石井琢也 ISHII 日本の旗 日本 OH
8 西片圭佑 NISHIKATA 日本の旗 日本 OP
10 野田雄介 NODA 日本の旗 日本 L
11 早川紘司 HAYAKAWA 日本の旗 日本 L
12 宇野佑樹 UNO 日本の旗 日本 MB
13 田中湧朔 TANAKA 日本の旗 日本 L
14 岸海斗 KISHI 日本の旗 日本 MB
15 新山駿 SHINYAMA 日本の旗 日本 L
17 筧颯斗 KAKEI 日本の旗 日本 S
18 鈴木浩大 SUZUKI 日本の旗 日本 S
19 二宮正夫 NINOMIYA 日本の旗 日本 OH マネージャー兼任
21 伊藤優介 ITOH 日本の旗 日本 MB 監督兼任
22 松枝寿明 MATSUEDA 日本の旗 日本 L 総監督兼任
23 池田正一 IKEDA 日本の旗 日本 L コーチ兼任
出典:チーム公式サイト[7] Vリーグ公式サイト[8]
更新:2020年7月12日

スタッフ[編集]

役職 名前 国籍
部長 井上博巳 日本の旗 日本
総監督兼選手 松枝寿明 日本の旗 日本
監督兼選手 伊藤優介 日本の旗 日本
コーチ兼選手 池田正一 日本の旗 日本
マネージャー 伊佐多栄子 日本の旗 日本
トレーナー 藤原良次 日本の旗 日本
トレーナー 宮仕紗衣 日本の旗 日本
マネージャー兼選手 二宮正夫 日本の旗 日本
出典:チーム公式サイト[9] Vリーグ公式サイト[8]
更新:2020年7月12日

脚注[編集]

  1. ^ a b チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ a b チーム概要”. Vリーグ機構. 2013年10月26日閲覧。
  3. ^ “2018-19 V.LEAGUEの編成について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2018年3月24日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/20606 2020年9月5日閲覧。 
  4. ^ “チーム名変更について(東京トヨペットグリーンスパークル)” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2019年4月25日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21281 2020年9月5日閲覧。 
  5. ^ “お知らせ” (プレスリリース), トヨタモビリティ東京スパークル, (2020年9月4日), http://toyope-gs.site/2020/09/04/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/ 2020年9月5日閲覧。 
  6. ^ “2020-21 V.LEAGUE 一部チームの不参加決定について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年9月4日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21738 2020年9月5日閲覧。 
  7. ^ Players”. トヨタモビリティ東京スパークル. 2020年9月5日閲覧。
  8. ^ a b トヨタモビリティ東京スパークル”. Vリーグ機構. 2020年7月12日閲覧。
  9. ^ Staffs”. トヨタモビリティ東京スパークル. 2020年9月5日閲覧。

関連項目[編集]